メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

iPS臨床応用騒動のその後と、森口氏のその後

久保田裕

 昨年の日本科学界最大の話題といえば間違いなく、iPS細胞を発明した京大の山中伸弥教授のノーベル賞受賞だろう。もっとも、ケチの付けようのないその業績から、ノーベル賞を遠からず受賞することは間違いないと噂され、いわば当然の受賞ともいえた。

 むしろ世間があっと驚かされたのは、山中教授の受賞が決まったその直後に、読売新聞などが報じた、世界初のiPS細胞の臨床応用が行われた、とするニュースのほうだったろう。基礎研究として3日前にノーベル賞受賞が決まったばかりなのに、もう患者に移植をされていたというのだから、驚くのも当然だった。

 だがこのニュースがその後、どういう経過をたどったのかは、みなさんよくご存じの通りだ。

 米国で開かれた学会で発表をするはずだった、東大特任研究員の森口尚史氏の移植手術の概要のポスターは取り消され、移植手術をしたはずのハーバード大は関与を否定、6例移植をしたと主張していた森口氏自身も、実は一例だけだったと発言を翻す事態になり、「幻の臨床応用」となってしまった。

 この件では、朝日新聞は報道を控えたため、誤報することは免れた。朝日がなぜ誤報せずに済んだのかというと、前々から森口氏との間に接触があったためだ。山中教授のノーベル賞受賞の前から、森口氏から「iPS細胞の臨床応用をした」という話を朝日新聞も聞いてはいた。ただ、言っていることがどうも曖昧で、そのまま鵜呑みにはし難く、慎重に対処しようということにしていたのだ。

 しかし、誤報しなかったから朝日がえらく、読売はダメなどと単純にいえる問題ではない。ある意味、朝日は今回、たまたま誤報を免れただけではないかとも思っている。 ・・・ログインして読む
(残り:約1653文字/本文:約2352文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

久保田裕

久保田裕(くぼた・ひろし) 

【退任】1983年、朝日新聞入社。「メディカル朝日」次長、「朝日パソコン」次長、「ドアーズ」編集長、「朝日ジュニア百科年鑑」編集長などを経て、09年から2014年5月まで科学医療部・DO科学編集長。物理や宇宙などハードサイエンスを主に取材。趣味で、人はなぜ正統科学よりも疑似科学のほうに引かれていくのかを調査研究。その方面の著書も多数。

久保田裕の記事

もっと見る