メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS
がんの研究者で、岐阜大学学長を務めた黒木登志夫さん(日本学術振興会学術システム研究センター相談役)が、横浜市中央図書館の読書サークルで『ガリバー旅行記』を読んで、「原作の中の生理学的な間違いを見つけた」という。そもそも、物語の中で説明されているような小人や巨人は生理学的に見て存在不可能なのではないかと気になるところだが、黒木さんが指摘するのはそこではない。小人の国のリリパット人が、ガリバーの体の大きさを測って、必要食糧を計算するところに間違いがあるという。それをとても楽しそうに話す。研究者とは、たとえ相手が文学作品であっても、間違いを見つけると喜びがわくらしい。その喜びを追体験してみた。

 まずは岩波文庫を買ってきた。原作は大人向けの風刺作品だということを知識として知っていたが、つい読む機会を逸していた。読んでみたら、なるほど面白い。支配階級を徹底的に皮肉っている。この面白さは大人にならないとわからない。

 黒木さんが指摘する間違いの箇所には、読み始めて程なく到達した。リリパット人がいかに聡明か、ガリバーが説明しているところだ。この国の王様が、ガリバーが守るべきことを書いた文書を出した。その最後に、各条項を厳守したらリリパット人1724人分の食料と飲料が毎日支給される、とある。なぜこういう具体的な数字が出たのか。「数学者たちが四分儀の力を借りて私の背丈を測量し、それを彼らの背丈と比べた場合に12対1の割合になっていることを発見したが、両方の体の恰好が別に違っているわけではないことから考え、結局、私の体の容積が少なくとも彼らの容積の1724倍はある、したがって、それだけの数のリリパット人を養うのに必要な食糧がいる、という結論に達したのだという返事であった。これを見ても、ここの人々がいかに聡明であるか、この偉大な皇帝がいかに財政の面で慎重で精密であるか、読者にも大体の見当はつかれたと思う」

 ガリバー旅行記が出版されたのは、1726年。1643年生まれのアイザック・ニュートンが死ぬ1年前だ。体積の計算方法は古代ギリシャ人も知っていたのだから、ダブリン大学を卒業したジョナサン・スウィフトは当然心得ていただろう。身長が12倍だと、容積は12×12×12だと計算したはず。だが、12の3乗は1728である。

 もちろん黒木さんが問題にしているのは、それを1724と間違えていることではない。

・・・ログインして読む
(残り:約819文字/本文:約1821文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) ジャーナリスト、元朝日新聞科学コーディネーター

1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)、編集委員を経て科学コーディネーターに。2021年9月に退社。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

高橋真理子の記事

もっと見る