メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[12]続・ようやく公開されるチェルノブイリフォーラム報告書の日本語版

山内正敏 地球太陽系科学者、スウェーデン国立スペース物理研究所研究員

国連組織の文書を翻訳するには、加盟各国の政府が、政府の文書として件の組織(今の場合IAEA)に申請しなければならない。その上で、政府が翻訳の正確さを保証し、非売品として予め印刷する部数を決めるなど、多くの条件がつく。要するに非常に時間のかかるシステムだ。

 

 もちろん、個人的な翻訳を個人的に渡して問題ないことは、IAEAの出版部に直接問い合わせて確認している。実はボランティア版が完成したとき、ネットで公開することも考えた。無許可の個人的な試訳ということと、著作権がIAEAにあることを明記すれば、おそらくIAEA側は黙認してくれるだろう。そして著作権法が親告罪である限り、我々は訴えられることも警察に捕まることもないだろう。除染問題で2011年夏に国会で証言した児玉龍彦氏ではないが、違法行為が必要な事態だったのだ。しかし、そういうフライング行為が、学術会議とIAEAとの交渉を妨げる可能性がある。しかも、おせっかいな第三者が、善意悪意を問わず、著作権云々と騒ぎ立てるリスクもある。そうなったら、ただでさえボランティアで余暇を失っている私達は、時間を更に削られるのだ。

 

 ちなみに、関税問題として話題になっているTPPでも著作権の条項があり、その原案に「著作権違反の非親告罪化」というのがある。もしもそんな事態になったら、 ・・・ログインして読む
(残り:約2539文字/本文:約3115文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山内正敏

山内正敏(やまうち・まさとし) 地球太陽系科学者、スウェーデン国立スペース物理研究所研究員

スウェーデン国立スペース物理研究所研究員。1983年京都大学理学部卒、アラスカ大学地球物理研究所に留学、博士号取得。地球や惑星のプラズマ・電磁気現象(測定と解析)が専門。2001年にギランバレー症候群を発病し1年間入院。03年から仕事に復帰、現在もリハビリを続けながら9割程度の勤務をこなしている。キルナ市在住。

山内正敏の記事

もっと見る