メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

新型インフルエンザワクチンでナルコレプシー発症が増えたフィンランドの教訓

高橋真理子 朝日新聞 科学コーディネーター

 子宮頸がんワクチンの接種後に学校生活に支障が出た女子生徒が昨年度171人いたことが文部科学省の調査で明らかになった。「足に力が入らず歩行困難」「関節痛で入院」などの理由で学校を30日以上休んだ生徒が51人いる。この夏、ヘルシンキで開かれた科学ジャーナリスト世界会議に参加して、フィンランドでは2009年の新型インフルエンザの世界的流行時にいち早くワクチンを導入し、翌年、子どもたちのナルコレプシーが増えるという事態に見舞われたことを知った。稀な副作用は、ワクチンが広く使われた後でなければ見えてこない。そして、それまで知られていない副作用は、知られていなかったが故に医学界になかなか受け入れられない。それが3年前のフィンランドで起きたことだ。今春、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会が結成された日本は、フィンランドの経験を知り、教訓に学ぶべきだと思う。

 「過眠症」と呼ばれる睡眠障害の代表的なものがナルコレプシーだ。昼間に眠気の発作が起きて居眠りしてしまったり、感情が高まると体の力が抜ける脱力発作が起きたりする。中学生が発症のピークと言われる。日本では比較的患者が多いが、欧州ではきわめて稀な病気だ。

 09年に新型インフルエンザが流行したときを思い出そう。メキシコと米国で人から人にうつる豚インフルエンザウイルス(H1N1)が確認され、日本では5月にカナダから帰国した男性3人に感染が判明した。厚労省によると、日本の流行ピークは11月下旬で、受診者(7月~10年3月)は2000万人強、感染がわかってから亡くなったのは198人だった。

 当時は世界中のメディアが、パンデミック(世界的な大流行)がどれほど怖いか盛んに報道した。フィンランドでは「国内で6000人が死ぬ」という見出しが躍った。

 世界保健機関(WHO)は09年秋にワクチン接種を推奨。フィンランドはその冬、 ・・・ログインして読む
(残り:約2099文字/本文:約2888文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞 科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の記事

もっと見る