メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「素粒子から宇宙へ」ファビオラ・ジャノッティ博士講演会(下)

高橋真理子 朝日新聞 科学コーディネーター

場というものがそこにあるという話をしましたけれども、それの感じとしては例えば「のり」とか「マーマレード」とか、なんかちょっとベタベタしたものだというふうに思ってください。その中を粒子、つまり小さなボールが通っていくわけですけれども、例えばそのボールの表面がツルツルだと、周りにベタベタするものがあっても気が付かずに、そのままスーッと行きます。でも、ボールの表面がギザギザしていると、周りのベタベタしていたものがたくさんくっついて、進むのが難しくなってしまいます。これが、粒子がヒッグス場と反応することで質量をもらう仕組みです。こうしていろんな素粒子が質量を得ることになった。こういうお話をすると、たぶん皆さんから質問があるんではないでしょうか。そんなことが分かったって何になるの、と。

 実は

・・・ログインして読む
(残り:約3667文字/本文:約4013文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞 科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の記事

もっと見る