メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

捏造論文史から占うSTAP事件の今後

高橋真理子 朝日新聞科学コーディネーター

 STAP細胞事件は、理化学研究所(理研)と小保方晴子ユニットリーダーの全面対決という思いがけない方向に進みつつある。科学論文に対する疑惑解明がマスコミ注視の中で進行するのはきわめて異例のことだ。しかし、論文捏造という事件自体はこれまで世界中で何度も起きている。過去の例をひもといて、STAP事件の今後を占ってみたい。

 今回の件で多くの人が驚くポイントをあげてみよう。「理研という世界トップクラスの研究所で」「若い女性研究者がノーベル賞級の成果を挙げたと思ったら暗転」「共著者は世界的に認められた研究者なのに」の三つにまとめられると思う。

 今の日本社会で、女性ということで話題が大きくなってしまったのは紛れもない事実だ。ただ、その部分をそぎ落として考えてみれば、「トップクラス研究機関」「若い研究者の暗転」「リーダーは研究仲間から尊敬されている研究者」という3要素は多くの捏造事件に共通する。トップクラス研究機関でなければ研究不正が起きても世間に知られない、という事情もあるだろうが、そもそも最先端の研究現場でこそ不正は起こりやすいのだ。

拡大米国のコーネル大学(同大ホームページから)

 米国で1980年代初めに起きた「スペクター事件」も、ぴったりこれに当てはまる。場所はコーネル大学という米国有数の研究大学(日本で言えば、京都大学のようなところ)で、20代の大学院生のマーク・スペクターと、1976年にアメリカ科学賞を受賞したがん研究の大御所エフレイン・ラッカー教授が登場人物だ。

・・・ログインして読む
(残り:約1677文字/本文:約2297文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の記事

もっと見る