メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

歴代の「和」の心が実を結んだ若田光一飛行士の活躍

山崎直子 宇宙飛行士

 若田光一飛行士をのせたソユーズTMA-11M宇宙船(37S)が14日、無事にカザフスタンに着陸しました。米国人のマストラキオ飛行士、及びロシア人のチューリン飛行士とともに昨年11月から国際宇宙ステーション(ISS)で長期滞在をし、そして、今年3月からはISSの船長を日本人として初めて務めたこと、お疲れさまの気持ちで一杯です。若田飛行士は第39次船長をつとめた訳ですが、これまで米国人とロシア人がほとんど船長をつとめてきた中、ベルギー人、カナダ人に続いて、このたび日本人が船長をつとめたこと、とても誇らしく思います。

拡大ISS日本実験棟「きぼう」に集合した第39次長期滞在クルー=5月3日、出典:JAXA/NASA

 これは、若田飛行士の努力もさることながら、歴代の多くの宇宙開発関係者の尽力が実り、日本実験棟「きぼう」や物資補給船「こうのとり」での技術力が認められた結果でもあると思います。若田飛行士は、「和」の精神でいいミッションをつくると抱負を語っており、ミッションワッペンにも「和」の文字を入れていました。きっとチーム内の「和」だけではなく、こうした広い歴代の「和」を心に抱いていたのではと思います。

 2011年に建設が完了したISSは、2020 年までの運用が参加15カ国の間で計画されていますが、今年1月、第1回国際宇宙探査フォーラムの場で、米国は2024年まで運用を延長する旨を表明しました。それに伴い、日本でもISSにこれからどう参画していくのか、現状でいいのか、見直すべきか、私もメンバーである内閣府宇宙政策委員会と文部科学省国際宇宙ステーション・国際宇宙探査小委員会で議論が始まりました。ISSだけを考えるのではなく、月や小惑星や火星などの宇宙探査全体を視野に入れて、長期的な方向性を決め、その上でISSを位置づけていく必要があります。2016年か2017年には、第2回国際宇宙探査フォーラムを日本で開催しますので、ホスト国としても、しっかりとした準備が必要になります。

 そんな中、 ・・・ログインして読む
(残り:約794文字/本文:約1599文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山崎直子

山崎直子(やまざき・なおこ) 宇宙飛行士

宇宙飛行士、立命館大学客員教授、女子美術大学客員教授。東大工学部航空学科修士課程修了、1996年に宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構)に入り、2001年に宇宙飛行士に認定。10年にスペースシャトル・ディスカバリー号に搭乗、国際宇宙ステーション組み立てに参加した。2011年8月に宇宙航空研究開発機構を退職。著書に「夢をつなぐ」(角川書店)など。

山崎直子の記事

もっと見る