メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

人間の行動を規定する驚きの法則~WEBRONZAを執筆した日には別の原稿を書くことができない理由

湯之上隆 コンサルタント(技術経営)、元半導体技術者

 一日に一つ原稿を書くと、別のもう一つの原稿がなかなか書けない。これについて私は、「頭の切り替えがうまくいかないからだろう」とか、「頭の原稿執筆エネルギーが枯渇したため充填されるまで時間が必要なのかもしれない」とか、「単に自分が怠け者だからか」などと思っていた。

 ところが、私がかつて在籍していた日立製作所中央研究所の矢野和男氏が執筆した『データの見えざる手』(草思社)によれば、「あなたが1日に使えるエネルギーの総量とその配分の仕方は、科学法則により制限されており、そのせいであなたは意思のままに時間を使うことができない」というのである。それが膨大な実験データ(ビッグデータ)とともに定量的に示され、私は考えを変えざるをえなくなった。

 矢野のグループは、リストバンド型のウエアラブルセンサ(「ライフ顕微鏡」と呼んでいる)を開発した。このセンサには、3軸(x、y、z)の加速度センサが内蔵され、1秒間に50回、人の動きを計測し続ける。この加速度センサは非常に高精度で、極めて微小な動きも見逃さないでとらえることができるという。

 矢野のグループは、これを用いて12人の被験者の腕の動きを4週間ずつ、のべ9000時間に渡って記録し、解析した。

 あらゆる人の行動には腕の動きがともなう。したがって、上記の記録は腕の動きに投影された人の生活の影であるとも言える。寝ているときには腕は静止する。時々寝返りを打つときにだけ動く。起きているときは静止していることはほとんどない。したがって、記録を見れば、いつ寝ていつ起きていたかが分かる。

 また、腕の動きの回数に着目すれば、起きている間は1分間に平均80回程度である。歩いているときは1分間に240回程度で、PCでウエブを眺めているときは1分間に50回以下に下がる。つまり、どんな行動にも1分間に何回腕が動くかという特徴があるため、データを観察すれば自分が何をしていたかを明確にすることができるという。

 このような記録を長期間取り続けると、人生をまるで絵巻物を見るように一望することができる。矢野のグループは、活発に動いている時を赤、動きが少ない時を青で示すなどして、24時間の行動を表現する図を考案し、これを絵巻物にちなんで「ライフタペストリ」と呼んでいる。

 被験者ごとにこのライフタペストリを比較すると、人によって生活のパターンが大きく異なる。また、同じ人であっても日によって、時間帯によって、多様な行動を行っている、というようなことがわかる。

 何だ、やっぱり人間は、その日、その時に、自由な意思で行動しているということではないか。

 ところが、これらのデータから驚くべき法則が導き出されるのである。

拡大

 矢野のグループは、被験者12人×2週間分のデータについて、横軸に「1分間あたり何回動いたか」(N回/分)、縦軸にそのN回/分以上の激しい運動が観測された頻度を、観測の総数で割ったもの(累積確率と呼ぶ)とした片対数グラフを書いてみた。

 すると、一定の範囲できれいな直線に乗ることが分かった。矢野のグループは、これを「U分布」と呼ぶ。Uはユニバーサル、つまり「普遍的」の頭文字である。

 U分布は

・・・ログインして読む
(残り:約1745文字/本文:約3079文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

湯之上隆

湯之上隆(ゆのがみ・たかし) コンサルタント(技術経営)、元半導体技術者

1987年京大修士卒、工学博士。日立などで半導体技術者を16年経験した後、同志社大学で半導体産業の社会科学研究に取り組む。現在は微細加工研究所の所長としてコンサルタント、講演、各種雑誌への寄稿を続ける。著書に『日本半導体敗戦』(光文社)、『電機・半導体大崩壊の教訓』(日本文芸社)、『日本型モノづくりの敗北-零戦・半導体・テレビ-』(文書新書)。趣味はSCUBA Diving(インストラクター)とヨガ。 【2016年8月WEBRONZA退任】

湯之上隆の記事

もっと見る