メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[3]常識破りの連続だったインフルワクチン報道~いまだにある無効論

高橋真理子 朝日新聞 科学コーディネーター

 [1][2]の記事で、「社会の常識」がどう形作られるかを知るために、インフルエンザワクチンの集団接種が始まった1962年から最近までの報道の変遷を見てきた。大きな流れをとらえれば、待望の時代→副作用の告発期→敵視と必要論の対立→無効論および無用論の台頭→ワクチン離れ→再評価の時代、となる。新聞は社会の動きを追いかける。報道の流れは社会の動きの結果であると同時に、新聞報道が社会を動かした面もあるだろう。両者はくんずほぐれつしつつ、ともに変化してきた。

 ただ、社会は多様だ。いつの時代も、さまざまな見方がある。今だってすべての人がインフルエンザワクチンを再評価しているわけではない。

 例えば、予防接種慎重派の小児科医として知られる毛利子来さんは、2010年6月24日付け夕刊のインタビュー記事「人生の贈りもの」で、以下のように語っている。

――市民団体「ワクチントーク全国」代表を務めるなど、予防接種への慎重論を唱えていらっしゃいます
 薬はなるべく使いたくない。薬よりも、好きなことするほうがよほど体にいいと思うからです。大学時代、見学に行った結核療養所の医者曰(いわ)く、「いちばん治りがいいのは看護婦と仲良くなった患者。夜な夜な病室でこっそりマージャンするのも治る。無理して安静に寝ているより元気が出る」。
 予防注射で言うと、日本脳炎のワクチンを自分で打ったら、わーっと頭が鳴り出して半日寝込んだ、という経験もあって、これは怖いなと思った。インフルエンザワクチンも効かないな、というのが実感ですね。

 失礼ながら実体験と実感だけで語られても普遍性がないと思う。

 過去に蓄えた知識をもとに語る識者は、毛利さんに限らず少なからずいる。だが、古い知識のままだからといって、その意見を新聞は載せるべきではないのだろうか。そういう意見はないものとすべきなのだろうか。いや、それでは傲慢とのそしりを免れないだろう。

 世の中のありようをゆがみなく伝えるという使命と、最良の科学的知識を伝えるという使命は、ときにぶつかる。これはワクチン報道に限らず、いつも直面するジレンマだ。

 最近の記事の例を最後に紹介する。2014年5月28日の ・・・ログインして読む
(残り:約1568文字/本文:約2509文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞 科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の記事

もっと見る