メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

科学技術の軍事転用問題を考える

「両義性(デュアルユース)に留意する」とはどういうことか

鈴木達治郎 長崎大学 核兵器廃絶研究センター(RECNA)副センター長・教授

 2015年1月、東京大学が「軍事研究禁止」の方針について、「一部緩和」との報道があったことに対し、「軍事研究禁止」の原則に変更はないが「(学問研究の持つ)両義性(デュアルユース)」に留意すべき」とのメッセージを総長名で発表した(1月16日) この報道に接し、改めて科学・技術の両義性について考えてみたい。

科学・技術者もしぶしぶ参加したのではない

 「科学は人類の発展の大きな原動力であったが、科学の発展を促進させたのは『戦争』であった」(アーネスト・ヴォルクマン「戦争の科学」、2003年)

拡大子どもたちに人気のロボット「アシモ」も、軍事と無縁ではいられない。軍事技術に取り込もうと関心を寄せる人たちはいる。

 この記述にあるように、そもそも科学技術と軍(戦争)との関係は極めて深いし、軍事転用できない科学技術など存在しない、と言い切ってもよい。言い換えれば、 ・・・ログインして読む
(残り:約2056文字/本文:約2379文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鈴木達治郎

鈴木達治郎(すずき・たつじろう) 長崎大学 核兵器廃絶研究センター(RECNA)副センター長・教授

長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)副センター長・教授。1951年生まれ。75年東京大学工学部原子力工学科卒。78年マサチューセッツ工科大学プログラム修士修了。工学博士(東京大学)。マサチューセッツ工科大エネルギー環境政策研究センター、同国際問題研究センター、電力中央研究所研究参事、東京大学公共政策大学院客員教授などを経て、2010年1月より2014年3月まで内閣府原子力委員会委員長代理を務め、2014年4月より現職。またパグウォッシュ会議評議員を2007~09年に続き、2014年4月より再び務めている。

鈴木達治郎の記事

もっと見る