メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS
トークショー「数学と理科の楽しみ方」(数学者秋山仁氏×生物学者武村政春氏×朝日新聞編集委員高橋真理子,2015年1月28日,東京理科大学数学体験館にて)の採録を続ける。

高橋 証明されていない問題は無数にあるというお話でしたが、世界中の生物種も数えきれないほど多いと言われていますよね。

武村 一応今のところ180万種か200万種ぐらい同定されています。ところがアマゾンとか海の底とか、そういった知られていないところではまだまだその何倍、何十倍といるのではないかと。人によっては1億種ぐらいいるんじゃないかと言っています。

秋山 生物学で何かが解明されると、ますます解明されてないところが見えてくるという現象はあるでしょう。

武村 それはあると思いますね。教科書が年を経るごとにどんどん分厚くなっていくと、その間にある、これから解明されていくべき部分というのもどんどん増えてくる。生物学者はたくさんいて、毎日のように何千本と論文が出ているのだから、やがて研究をすることがなくなっちゃうんじゃないかと昔は感じていたんですけれども、でも実際に研究者の世界に入り込んでみると、全然それは違うんだなということが分かりました。知れば知るほど分からないことがたくさん出てくる。そういう意味で、楽しみどころというのは非常にたくさんあるかなというふうには思いますね。

質問者 今、生物の種類の数の話が出たんですけれども、この生物とこの生物は同じであるというのは、何をもって決めるんですか。

武村 例えば ・・・ログインして読む
(残り:約2959文字/本文:約3614文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞 科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の記事

もっと見る