メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

今年11月に長崎でパグウォッシュ会議

科学者の社会的責任を問う会議が被爆70年に長崎で開催される意義

鈴木達治郎 長崎大学 核兵器廃絶研究センター(RECNA)副センター長・教授

 1954年3月1日、ビキニ環礁で行われた米軍の水爆実験により、日本の漁船「第五福竜丸」に乗船していた漁師たちが被爆 した 。この事件を契機に、水爆の脅威が世界に伝えられ、それが核兵器と戦争の根絶を訴えた「ラッセル・アインシュタイン宣言」(1955年7月9日)につながった。この「ラッセル・アインシュタイン宣言」がもとになって、1957年7月にカナダの漁村パグウォッシュに22人の東西の科学者が集結し、核兵器の危険性、放射線の危害、科学者の社会的責任について真剣な討議を行った。これがパグウォッシュ会議の始まりである。

拡大長崎で開かれる第61回パグウォッシュ会議についての日本記者クラブでの会見

 以来、毎年のように世界大会が開かれてきたが、2015年、被爆70年という年に、被爆地長崎で第61回世界大会が開催されることになった。筆者はパグウォッシュ会議の評議員として、今回の組織委員長を務めることになり、11月の長崎大会にむけて鋭意準備を進めているところである。以下は、 ・・・ログインして読む
(残り:約1851文字/本文:約2249文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鈴木達治郎

鈴木達治郎(すずき・たつじろう) 長崎大学 核兵器廃絶研究センター(RECNA)副センター長・教授

長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)副センター長・教授。1951年生まれ。75年東京大学工学部原子力工学科卒。78年マサチューセッツ工科大学プログラム修士修了。工学博士(東京大学)。マサチューセッツ工科大エネルギー環境政策研究センター、同国際問題研究センター、電力中央研究所研究参事、東京大学公共政策大学院客員教授などを経て、2010年1月より2014年3月まで内閣府原子力委員会委員長代理を務め、2014年4月より現職。またパグウォッシュ会議評議員を2007~09年に続き、2014年4月より再び務めている。

鈴木達治郎の記事

もっと見る