メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

アクティブラーニングは日本人に向いていない

日本の教育現場への安易な導入に反対する

佐藤匠徳 生命科学者、ERATO佐藤ライブ予測制御プロジェクト研究総括

 5年後から開始する新学習指導要領で、生徒や学生が主体的に議論したり発表したりする「アクティブラーニング」を授業に導入する方向で文部科学省が準備を進めている。

拡大同志社大学(京都市上京区)の自習空間「ラーニング・コモンズ」。アクティブラーニングを促す空間になっている=筒井次郎撮影

 アクティブラーニングとは、従来のような教員から学生への一方的な知識や情報の伝達ではなく、教員と学生が議論や知的な交流を通じて、学生が主体的に問題を発見し解を見出していく教授法だ。このような双方向の能動的な学びの場への関わりによって、学生に主体的に考える力を持たせ、生涯にわたり学び続ける力を身につけさせることを目的としている。

 筆者は、この目的自体には大いに同意するものの、そのための手段として、欧米で始まり、発展してきたアクティブラーニングをそのまま真似て日本に導入することには反対である。

 なぜなら、この教授法は多くの一般的な日本人の気質には適しておらず、それどころか一般的な日本人が「主体的に考える力を持ち生涯にわたり学び続ける力を身につける」ことを妨げると考えるからだ。これは、筆者が米国から帰ってきて2009年〜2014年まで教鞭をとっていた奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)やその他の国内の大学や大学院での経験から大変強く感じたことである。

 以下に、理由をまとめる。

人種や文化背景・国民性の違い

 アクティブラーニングは、 ・・・ログインして読む
(残り:約2432文字/本文:約2987文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤匠徳

佐藤匠徳(さとう・なるとく) 生命科学者、ERATO佐藤ライブ予測制御プロジェクト研究総括

(株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR)佐藤匠徳特別研究所 特別研究所長。独立行政法人 科学技術振興機構(JST)ERATO佐藤ライブ予測制御プロジェクト研究総括・米国コーネル大学教授・豪州センテナリー研究所教授(兼任)。1985年筑波大学生物学類卒業後、1988年米国ジョージタウン大学神経生物学専攻にてPh.D.取得。ハーバード大学医学部助教授、テキサス大学サウスウエスタン医科大学教授、コーネル大学医学部Joseph C. Hinsey Professorを歴任後、2009年に帰国、2014年まで奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)バイオサイエンス研究科教授。2014年7月にNAIST退職後、2014年8月1日より現職。専門は、心血管系の分子生物学、ライブ予測制御学、組織再生工学。【2017年6月WEBRONZA退任】

佐藤匠徳の記事

もっと見る