メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

デジタルデータが消えて行く

未来へ情報を継承するためのデジタルアーカイブの課題

山下哲也 エバンジェリスト、山下計画(株) 代表取締役CEO

 今この瞬間に、世界で飛び交うデジタル情報量は膨大だ。電子メール、LINEでのチャット、Twitterでのつぶやき、Facebookへの写真の投稿、WEB上に流れるニュース。音楽やテレビ・映画といったメディア、株をはじめとする金融取引やホテル・飛行機の予約情報、街中の至る所にある監視カメラの映像も全てデジタルデータだ。

爆発的に増加するデジタルデータ

拡大もはや仕事にパソコンは欠かせない=2015年8月、和歌山県庁、瀧澤文那撮影
 2013年に全世界で生み出されたデジタルデータの量は4.4ZB(ゼタバイト: 10の21乗)と米国調査会社IDCは推定している。仮にDVDで保存しようとすれば、9300億枚以上必要となる量だ。近年では、全てのものがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)化の動きがデータ量の増大に拍車をかけつつあり、東京オリンピックが開催される2020年には44ZBにまで急増すると予想されている。

 21世紀は、誰もがデジタルデータを生み出し、瞬時に全世界へ発信・共有することができる、いわば奇跡のような時代だ。しかし一方で、私たちの活動の記録であるこれらデジタルデータのアーカイブ、いわゆる情報の記録と保存、未来への継承については、多くの課題を抱えている。情報がデジタル化されたことで、短期的には生成・編集・共有・配信が誰もが驚く程簡単に、かつ効率的に出来るようになった一方、長期的にはデータの読み取り・アクセス不能や消滅といったリスクが増大し続けているのが実情だ。

 今回は、華々しいIT革新の影で見落とされがちな、このデジタルアーカイブの課題と重要性について指摘したい。

デジタルデータの寿命は短い

 20世紀のITの歴史は、様々なデジタルデータの記録技術の歴史という側面も持っている。磁気テープやフロッピーディスクのような磁気ディスク、CDやDVDといった光学ディスクの他、メモリーカードやUSBメモリーに使われるフラッシュメモリー(不揮発性メモリー)などが開発され、幅広い分野で利用されている。絶え間ない技術革新により、記憶容量は飛躍的に増大し製造コストは大幅に下がったものの、特殊なケースを除きデータの保持期間は数十年程度に過ぎず、紙に書かれた古文書のように、1000年以上確実に安定して保存できるまでには至っていない。

 さらに

・・・ログインして読む
(残り:約1154文字/本文:約2112文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山下哲也

山下哲也(やました・てつや) エバンジェリスト、山下計画(株) 代表取締役CEO

NEC・Motorolaにて携帯電話のシステム開発に従事、NTTドコモではi-mode及びスマートフォン戦略担当として各種戦略提携・スマートフォン導入にあたるなど、20年以上モバイルIT分野を歩み、2012年に独立、ITイノベーションの研究及びビジネス開発支援を行う山下計画株式会社を設立。2015年より近距離無線の国際標準規格NFCの普及に向けた活動に取り組む。2007年 マサチューセッツ工科大学 Sloan FellowsにてMBAを取得。
Twitter : @tetsu_yamashita
Facebook : https://www.facebook.com/tetsuya.yamashita.90
【2017年3月WEBRONZA退任】

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

山下哲也の記事

もっと見る