メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

113番元素の命名権をなぜ理研が取れたのか

決定した国際作業部会の委員・山崎敏光東大名誉教授に聞く

高橋真理子 朝日新聞 科学コーディネーター

拡大ニホニウム命名会見で元素周期表を手にする森田浩介九州大教授=6月9日、埼玉県和光市、関田航撮影
 113番元素が「ニホニウム(Nh)」と名付けられることになった。命名権獲得を知らせる理化学研究所(理研)のプレスリリース(2015年12月31日)の「元素周期表にアジア初、日本発の元素が加わる」という見出しは秀逸で、6月8日の「ニホニウム」発表のときの報道でもこのフレーズがよく使われた。「ニホニウム」はまだ「案」の段階で、5カ月間のパブリックレビューを経て正式名になる。それにしても、果たして理研が新発見の栄誉と命名権を獲得できるかは、昨年末まで当事者たちも確信が持てなかった。ロシア・米国の合同チームも113番元素の発見を主張していたからだ。しかも、最初の論文発表はロシアチームの方が早かった。「発見者は理研チーム」と裁定を下した国際作業部会の委員を務めた山崎敏光・東大名誉教授に、舞台裏を聞いた。

 周期表にある元素のうち、原子番号92のウランまでは自然界から発見された。それより重いものは人工的に合成することで確認されてきたが、原子番号104以上の「超重元素」はすべて不安定で、生成量も少なく、確認が難しかった。一つの研究グループが「発見」を主張する論文を発表しても、それだけで新元素発見と見なすわけにはいかないのが「超重元素」だった。

 発見かどうか判定する役割を担っているのが、学会の連合体である国際純正・応用化学連合(IUPAC)と国際純粋・応用物理学連合(IUPAP)の合同作業部会だ。

 森田浩介九州大教授を中心とする研究グループは、埼玉県和光市にある理研の重イオン線形加速器を使って2004年に一つ、2005年に一つの113番元素の合成に成功し、論文を発表した。しかし、2007年時点で第3期合同作業部会は「二つでは少なすぎる」などを理由として新発見と認めなかった。一方で、ロシアと米国の共同研究グループが違う方法で113番元素を見つけたと一足早く発表、ところがこちらも2007年の段階では新発見と認められず、どちらに命名権が与えられるか、世界が固唾を飲んで見守るようになった。

 第4期合同作業部会は2012年にスタートし、日本から原子核物理が専門の山崎敏光・東大名誉教授がメンバーに入った。5人のメンバーのうち物理学者は2人、化学者が3人で、委員長は核化学が専門のポール・キャロル米カーネギーメロン大学名誉教授が務めた。

 理研の森田グループは2012年に3個目の113番元素の合成に成功。一方のロシアチームも複数のやり方で合成数を増やし、2013年までにその数は50個を超えた。

 原子核は陽子と中性子の集合体だ。陽子の数が原子番号で、陽子と中性子の合計数が質量数である。元素が何かは陽子の数(つまり原子番号)で決まり、質量数が違うものは同位体(アイソトープ)と呼ばれる。

 森田グループの方法は、 ・・・ログインして読む
(残り:約1968文字/本文:約3132文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞 科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の記事

もっと見る