メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

続・高校学習指導要領の改訂案がおもしろい

教育を少しずつでも現代化する意義は大きい

奥村晴彦 三重大学名誉教授・教育学部特任教授


 引き続き、2018年2月14日に公示された高等学校学習指導要領の改訂案のおもしろさを探る。

「情報」がおもしろい

 前稿で述べたように、2016年12月の中教審答申は、統計的内容はもっとやれ、しかも情報科を巻き込め、という内容であった。その「情報」も、今回大きく改訂されることになった。

拡大「社会と情報」の高校教科書。実教出版、東京書籍、第一学習社、日本文教出版のもの。

 「情報」は前々回(2003年度から年次進行で実施)にできた新教科である。「教科」を名乗るには一般に複数の「科目」がなければならないので、「情報A」「情報B」「情報C」という科目から学校ごとに選べるようにした。しかし、これでは大学入試に出しにくい。

 現行学習指導要領(2013年度から年次進行で実施)では、3科目から2科目に整理され、「社会と情報」「情報の科学」から学校ごとに選ぶようになったが、依然として全員が同じことを学ぶわけではなかった。

 これが、今回の改訂案で、必履修の「情報I」と、そうでない「情報II」の2本立てになった。必履修科目が1本化されることは、情報教育関係者の悲願で、ようやくこれで大学入試に出しやすくなった。

 センター試験に「情報関係基礎」というのはある。しかし、この内容はここでいう教科「情報」ではなく、主に工業・商業高校生をターゲットとしたもので、毎年500~600人程度しか受験しない。情報処理学会では、センター試験に代わる新テスト(「大学入学共通テスト」)で「情報」を出題するよう提言している。

 統計に関しては、もともと「情報」では表計算ソフトを用いた簡単なデータ分析が多くの教科書で取り上げられていたが、今回の改訂案では、「情報I」の内容の一つとして「データを収集、整理、分析する方法について理解し技能を身に付ける」と記された。さらに「情報II」では、単元の一つが「情報とデータサイエンス」となっている。

 「データサイエンス」とは、データについての科学である。有名なコンピューター科学者ピーター・ナウアが1960年に使ったのが最初らしいが、コンピューターを駆使した今風の統計学を指す言葉でもある。この言葉が「情報」の単元の一つに現れたことは、統計教育推進派にとって画期的な出来事といえる。「情報II」は、必履修科目でも受験科目でもないため、多くの高校で開設されない可能性があるが、たとえ「情報I」だけでも数学の「データの分析」を補うことはできる。

 つまり、「数学」と「情報」が「データ」で結びつくという筋書きである。

新教科「理数」がおもしろい

 もう一つ、今回の改訂の目玉が、新教科「理数」である。「数学又は理科の教師が指導を行う」とされており、新たな教員を採用するわけではない。必履修ではないが、必履修の「総合的な探求の時間」(現「総合的な学習の時間」)の一部または全部を「理数」で置き換えることができる。また、現センター試験を置き換える大学入学共通テスト(新テスト)についての高大接続システム改革会議「最終報告」は、この科目を「出題する」と明言している(この「最終報告」では「数理探究(仮称)」と書かれている)。

 この教科では、既存の知識を学ぶというよりは、テーマを決めて実験・観察し、データを分析し、成果を発表するといったミニ研究が行われる。「データの分析」の活躍の場であるが、どの高校でも開設されるわけではなく、ここで「データの分析」を系統的に教えるのは難しそうである。

なぜ「データ」か

 なぜ「データの分析」や「データサイエンス」を小・中・高校で学ぶのか。 ・・・ログインして読む
(残り:約1430文字/本文:約2884文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

奥村晴彦

奥村晴彦(おくむら・はるひこ) 三重大学名誉教授・教育学部特任教授

名古屋大学理学部物理学科修士課程修了、総合研究大学院大学で博士号(学術)取得。高校教員(数学)、松阪大学助教授・教授、三重大学教育学部教授を経て、2017年定年退職後,特任教授。現在の専門は情報教育。コンピューター関係の著書多数、統計関係の著書3冊、高校数学教科書・高校情報教科書も執筆。