メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

沖縄の環境を守ってきた市民と国際的な連携

持続可能な未来を求めて活動してきた環境NGO「沖縄環境ネットワーク」の20年

桜井国俊 沖縄大学名誉教授、沖縄環境ネットワーク世話人

 世界各国各地域はいま、SDGsという17項目の共通の目標を掲げ、2015年を起点とし目標年を2030年に定めて、持続可能な経済・社会・環境づくりを目指している。

 私が暮らす沖縄でも、現状を踏まえつつ持続可能な未来像を描く必要がある。私も世話人の一人として活動している環境NGOの沖縄環境ネットワークはこのほど、結成20周年記念シンポジウムを開催した。環境を主たる軸として問題提起を行い、平和・自治・人権についての議論と相まって持続可能な沖縄の未来像の創出につなげていきたいとの趣旨だ。開会に際しては、新たに選出された玉城デニー知事からの祝辞も紹介された。

沖縄環境ネットワーク結成20周年記念シンポジウムプログラム拡大沖縄環境ネットワーク結成20周年記念シンポジウムプログラム

故宇井純教授が創設

 周知の通り沖縄には世界自然遺産登録に値する素晴らしい自然がある。しかしながら国土面積の0.6%を占めるに過ぎない沖縄には、米軍専用施設の70%が集中し、貴重な自然を破壊するだけでなく、県民が日々安心して安全に暮らす権利を著しく損なっている。

 こうした軍事基地がもたらす環境への影響については、日本環境会議に集う国内の研究者、環境行政担当者、市民が、過去3回、1988年(第8回)、1996年(第16回)、2016年(第33回)に沖縄で全国大会を開催し、解決に向けた取り組みについて論じてきた。第33回大会の模様については、WEBRONZA「沖縄は問う、環境・平和・自治・人権―日本環境会議が明らかにしたこと」で報告している。

 沖縄環境ネットワークは、1996年に開かれた第16回大会での議論が契機となって沖縄大学の宇井純教授(2006年逝去)を中心に環境問題にかかわる沖縄の市民が集う形で1998年に発足した。

 今年は、沖縄環境ネットワーク結成から20年の節目の年にあたるが、基地環境問題を中心とした沖縄の環境問題は、平和・自治・人権問題と複合しながら、沖縄の未来にとってその重要度を更に増している。そこで沖縄環境ネットワークでは、20年の推移を踏まえて現状を論じ、そして未来を見据えるべくこの記念シンポジウムを開催し、広く県民に問題提起していくこととしたのである。

沖縄国際大学で開催された20周年記念シンポジウム拡大沖縄国際大学で開催された20周年記念シンポジウム
 シンポジウムの冒頭では、宇井純研究室のスタッフとしてそのキャリアをスタートし、この20年間沖縄環境ネットワークの世話人として活動してきた砂川かおりさん(沖縄国際大学講師)が、「沖縄環境ネットワーク20年のあゆみとこれから」と題して話した。内容は、日米両国政府に足蹴にされる中で苦闘する沖縄の歴史そのものであったが、理不尽な圧政に非暴力で果敢に抵抗してきた20年であった ・・・ログインして読む
(残り:約1698文字/本文:約2761文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

桜井国俊

桜井国俊(さくらい・くにとし) 沖縄大学名誉教授、沖縄環境ネットワーク世話人

1943年生まれ。東京大学卒。工学博士。WHO、JICAなどでながらく途上国の環境問題に取り組む。20年以上にわたって、青年海外協力隊の環境隊員の育成にかかわる。2000年から沖縄暮らし。沖縄大学元学長。

桜井国俊の記事

もっと見る