メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

フェイクニュースはKGB起源だった

そしてインターネットが拍車をかけた

下條信輔 認知神経科学者、カリフォルニア工科大学生物・生物工学部教授

 「フェイク(偽)ニュース」や「オルタ・ファクト(もうひとつの事実)」が世界を振り回している。最近の傾向と思われるだろうが、起源は1980年代のKGBあたりまで遡れるという。もともとロシアの情報謀略の要だった偽ニュース発信が、インターネットの普及で爆発的な効果をもたらした。以下、米国側の情報源に基づいて、整理する。

エイズ、ピザゲート、イラン核疑惑

 「エイズウィルスは黒人とゲイを殺すため、ペンタゴン配下の研究所が開発した」。このトンデモニュース、後でKGBの仕業とわかったが、80年代に最大級の成功を収めた。200本ものニュースやレポートが80カ国でリリースされ諸外国政府もこれを信じたため、米国のイメージと外交に打撃を与えた。後にゴルバチョフもこれを認め、時のレーガン大統領に謝罪するという一幕さえあった。

拡大フェイクを操る2人の大統領
 「ピザゲート事件」も有名だ(2016年3月)。「ヒラリー・クリントンの陰謀で、ピザパーラーの地下で幼児を性的虐待」。この偽情報を真に受けた青年が、ワシントンDCにあるその店で銃撃による殺人事件を起こした。これは反クリントンの組織的キャンペーンと連動していて、数カ月後にはウィキリークスがヒラリーの2000通のメールを公開。その後もロシアは5万ものアカウントから関連の偽情報を流し続けた。

 最近では、ヒューストンで大規模な反イスラム抗議行動と、それに対抗するデモの間で争いが起きた(2016年5月)。だがどちらの陣営も、ロシアがインターネット操作で仕込んだとは気づかなかった。

 イラン核開発疑惑でも、ロシア発の偽情報で米側が踊らされた。ロシア以外でも、イランやミャンマー、パキスタンは、それぞれ政府が計画的に偽ニュースを流しているといわれる。今や「真実が靴を履く前に、嘘は世界を半分回っている」(マーク・トゥエイン)。インターネット上で拡散し、事実化(情報実体化)してしまう。

 今でいうフェイクニュースを、ロシア諜報機関では「偽情報(Disinformation)」と呼んだ。秘密裏にメディアに流される偽ニュースで、活動の中で実は大きな比重を占めていた。KGBメンバーは全員(若き日のプーチン大統領も含めて)そうしたアイデアの創出を義務づけられていた。偽ニュース・偽文書の専門部署が百万ドルの年間予算を取っていた。

 1950年代からロシアは米国を偽ニュースで攻撃してきたが、米国は事の重大さに長らく気づかなかった。レーガン政権になってはじめて調査グループを創設し、実態が明るみに出た。

偽ニュースの作り方

 たとえば先の「エイズウィルス」ネタは世界を席巻したが、語順分析などからロシア語のネイティブによるものと推定されている。それをまずインドなど低開発国の英語ニュースから流し、ロシアのメジャーなメディアで採り上げられた。さらにそれを西側メディアが引用の形にせよ報道してしまった(CBSら米国の主要ネットワークが追随)。

拡大ネットを駆けめぐる偽ニュース
 こうなるとニュース源の信頼性なんて誰もチェックしない。ここでさらに念を入れて東ドイツの生物学者を抱き込み、エイズウィルスはペンタゴンの研究所発であることの「科学的証拠」を示す2本の論文を、世界的な科学雑誌に公刊した。結果、このニュースは「本物」として2年間でまずはアフリカ全土、そして世界へと拡散した。

 偽ニュースにはノウハウがある。成功した実例から「逆エンジニアリング」をすることによって、専門家たちは以下の7点を見出している。 ・・・ログインして読む
(残り:約2002文字/本文:約3444文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

下條信輔

下條信輔(しもじょう・しんすけ) 認知神経科学者、カリフォルニア工科大学生物・生物工学部教授

カリフォルニア工科大学生物・生物工学部教授。認知神経科学者として日米をまたにかけて活躍する。1978年東大文学部心理学科卒、マサチューセッツ工科大学でPh.D.取得。東大教養学部助教授などを経て98年から現職。著書に『サブリミナル・インパクト』(ちくま新書)『〈意識〉とは何だろうか』(講談社現代新書)など。

下條信輔の記事

もっと見る