メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

温暖化脅威論を粉砕するマーク・モラノの本

『「地球温暖化」の不都合な真実』を翻訳・刊行した

渡辺正 東京理科大学教授

拡大グリーンランドのラッセル氷河。末端では氷がとけて滝となって流れ落ちる。だが、これは二酸化炭素濃度とは関係ないとマーク・モラノはいう=2017年7月20日、中山由美撮影
 「地球温暖化論は科学的根拠に乏しく、『対策』は社会を狂わせる」と断じる本が米国で昨年2月に出た。これを邦訳し、『「地球温暖化」の不都合な真実』(日本評論社)として刊行した。
拡大

 著者のマーク・モラノ氏は1968年生まれのジャーナリスト。国内外の科学者や政治家(たとえばチェコ元大統領)への精力的な取材をもとに軽妙な筆で論を張り、地球温暖化の恐怖を警告する「脅威派」と、それに疑いの目を向ける「懐疑派」双方の声を吟味した。ご本人の講演動画が、滑らかな口調と強い気迫をよく伝える。読みとれる米国の風土(談論風発、共和党と民主党の確執)も興味深い。

 刊行から1年4か月を経ても米国Amazonのベストセラー状態にある同書のサワリを紹介したい。

あやうい科学

 全20章のうち、最初の章は著者の自己紹介で、2~8章は科学的データの吟味に当てられている。

 「人間の出すCO2(二酸化炭素)が地球を暖めて危ない」というのが温暖化脅威論だ。国連IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が中心となって広めてきた。確かに過去20年、CO2濃度は増加の一途だったが、衛星で観測した地球の気温はほぼ横ばいが続く。地上の気温データは、都市化(ヒートアイランド)効果を含むので全体の動向を知るには適さない。しかし米航空宇宙局(NASA)や米国海洋大気局(NOAA)が発信する「世界の気温推移」グラフは、地上データをまとめたものだ。しかもグラフ化の際、生データを加工して近年の気温上昇を「演出」してきた気配も濃い。

 北極のシロクマは危機になど面しておらず、数が増えているし、海面上昇のスピードは100年以上ほとんど変わっていない。南極では氷がじわじわ増えている。グリーンランドの氷河は過去100年間ずっと縮小中で、人為的CO2とは関係ない。

 地質学者は「地球史上ほとんどの期間、気温は過去200年間より高かった」「(現在の)大気のCO2濃度は史上いちばん低い部類に入る」という。

 温暖化科学は、モデル予測に頼る。だがモデル計算で確実なことは何もいえない、と多くの研究者が指摘する。

目覚める大物

 9章は、脅威論をいったんは受け入れたあと、データを調べ、または脅威派集団の「主張の異なる研究者は排除する」といった不品行を見て、懐疑派に転じた研究者や論客を紹介する。1973年に江崎玲於奈氏とノーベル物理学賞を共同受賞したアイヴァー・ジエーバー、環境運動の始祖ジェームズ・ラブロック、名高い環境団体グリーンピースの共同設立者パトリック・ムーアなど、十数名の大物「転向者」が取り上げられ、一部には直接取材もしている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

渡辺正

渡辺正(わたなべ・ただし) 東京理科大学教授

1970年東京大学工学部卒業。1976年工学博士。2012年東京大学(生産技術研究所)定年退職、名誉教授。同年より東京理科大学教授。著書・訳書は『常温核融合スキャンダル』、「ダイオキシン」、『「地球温暖化」狂騒曲』、『星屑から生まれた世界』、『教養の化学』など約180点。

渡辺正の記事

もっと見る