メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ゲノム編集食品を自発的・積極的に表示しよう

特定のゲノム編集食品は区別できるし、検証可能

小島正美 食・健康ジャーナリスト

 しかし、情報が公開されていれば区別できるわけで、それなら表示の信頼性も担保できるわけだ。私は、生産者が「これはゲノム編集食品です」と自発的な表示をしてアピールするのが良いと思う。

ゲノム編集食品は消費者がメリットを実感できる

 私がなぜ、自発的な表示にこだわるかといえば、

・・・ログインして読む
(残り:約1295文字/本文:約2679文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小島正美

小島正美(こじま・まさみ) 食・健康ジャーナリスト

1951年愛知県生まれ。愛知県立大学卒業。2018年まで毎日新聞記者。現在はメディアチェック集団「食品安全情報ネットワーク」共同代表。著書に「メディア・バイアスの正体を明かす」など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

小島正美の記事

もっと見る