メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

初代アセス学会長、島津康男氏の逝去と沖縄

前時代的な日本の環境アセス

桜井国俊 沖縄大学名誉教授、沖縄環境ネットワーク世話人

 名古屋大学名誉教授の島津康男氏が6月21日、92歳で逝去された。氏は、環境アセスメント学会初代会長を務められ、日本における環境アセスメント制度の導入に多大な貢献をなされた方である。たびたび沖縄を訪れ、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡るアセスを「独善、時代遅れの最悪のアセス」と評し、日本の環境アセスメント制度の形骸化を嘆いておられた。

拡大朝日新聞の取材に応える島津康男さん=2010年3月12日
 沖縄防衛局が実施した辺野古アセスは、辺野古・大浦湾の海には262種の絶滅危惧種を含む5800種以上の生きものが生息していることを明らかにした。その中には3頭のジュゴンも含まれていた。これは世界自然遺産に登録されている知床の約4200種を大きく超えており、辺野古・大浦湾の海がまさに生物多様性の宝庫であることを示していた。

 しかし新基地建設の本体工事が2015年10月29日に始まってからは、投入土砂による辺野古・大浦湾の汚濁が着実に進行し、母親ジュゴンBは死亡し、残りの2頭のジュゴンも今やその影は全く見当たらない。

オスプレイの後出し

 辺野古アセスが「独善、時代遅れの最悪のアセス」である理由は数限りなくあるが、最も分かりやすいのは、使用する機種がオスプレイであることをひた隠しにしたことである。辺野古新基地はオスプレイのための飛行場であるのに、アセスの設計図である「方法書」(2007年8月7日付け)と調査結果をまとめた下書きにあたる「準備書」(2009年4月1日付け)には、オスプレイのことが一切触れられていなかった。

拡大伊丹空港に緊急着陸したオスプレイ=2019年4月1日、兵庫県伊丹市、細川卓撮影

 そのままでは新基地でオスプレイを飛ばすことができなくなる。そこで事業者である沖縄防衛局は、2011年6月6日にファックス1枚を沖縄県と宜野湾市に送り、普天間基地へのオスプレイ配備を通知した。普天間「代替」基地との位置づけであった辺野古新基地へのオスプレイ配備がこれによってはじめて明らかになったのである。そして最終報告書にあたる「評価書」(2011年12月28日付け)では、オスプレイを使用機種としてのアセス結果が示されたのである。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

桜井国俊

桜井国俊(さくらい・くにとし) 沖縄大学名誉教授、沖縄環境ネットワーク世話人

1943年生まれ。東京大学卒。工学博士。WHO、JICAなどでながらく途上国の環境問題に取り組む。20年以上にわたって、青年海外協力隊の環境隊員の育成にかかわる。2000年から沖縄暮らし。沖縄大学元学長。

桜井国俊の記事

もっと見る