メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

縄文人のゲノムが現代人並みに解読された

古代人の顔つきばかりか、体質や性格までもが分かる時代に

米山正寛 朝日新聞記者(科学医療部)

 縄文人が核に持っていた全ての遺伝情報(ゲノム)が、国立科学博物館など国内7機関の共同研究で初めて現代人並みの高精度で解読され、その結果が日本人類学会の英文誌Anthropological Scienceで公表された。解読の対象となったのは、北海道礼文島にある船泊遺跡から1998年の発掘で出土した、約3500~3800年前(縄文時代後期)の23号人骨(女性)だ。解読成功の話はすでに昨年から断片的に伝えられていたが、論文の公表を機に、ここから何が得られて、今後にどんな展開が待ち受けているのかを、改めて整理してみたい。

拡大船泊遺跡の23号人骨の頭骨=いずれも国立科学博物館提供
拡大23号人骨の臼歯(赤矢印)からDNAを抽出した
現代人・古代人のゲノム研究の主な経緯(国立科学博物館による)
2003年  国際協力による現代人のゲノム完全解読完了
2010年  日本人のゲノム完全解読
2014年  ネアンデルタール人のゲノム完全解読
2016年  縄文人(三貫地遺跡)のゲノム一部解読
2019年  縄文人(船泊遺跡)のゲノム完全解読

DNAの保存状態が良かった船泊遺跡の23号人骨

 ゲノム解読に当たって必要なのは保存状態の良い核のDNAだ。現代人なら皮膚や血液からすぐに新鮮なDNAを得られるが、古代人に関しては人骨が置かれていた条件によってDNAの状態は大きく異なる。状態の良いDNAが、全ゲノムの5%ほどから得られれば、まずまずというレベルらしい。一般には寒冷地の方が状態が良いとされ、船泊遺跡の23号人骨に関しても、ほぼ日本最北の地という立地が幸いして、現代人並みに高精度の解読ができたそうだ。もちろん土壌や湿度などミクロな環境条件も関わっており、同じ遺跡の中には、ずっと状態の悪かった人骨もある。23号人骨の大臼歯を使って、細胞のミトコンドリアDNAを先行して調べていた安達登・山梨大学教授(法医学)は「私たちの研究で状態の良さが確認されていたため、残っていたサンプルから核のDNAを抽出し直して分析した」と説明する。

拡大船泊遺跡は海(左奥)と湖にはさまれた地区にある=北海道礼文町
拡大船泊遺跡の出土品。土器や石器のほか、貝殻を加工した装身具などが、国の重要文化財に指定されている=礼文町教育委員会提供

 データの解析に当たった国立科学博物館人類研究部の神澤秀明研究員と篠田謙一部長は、主な成果として次の5点を記者会見で挙げた。それらを順番に説明していこう。

縄文人ゲノム完全解読の主な成果
① 現代日本人が縄文人から受け継いだDNAの割合が分かった
② アジア人集団における縄文人の祖先の起源がはっきりしてきた
③ 縄文人の祖先集団の人口動態が明らかになった
④ 個々の縄文人が持つ遺伝的な特徴をつかめるようになった
⑤ HLAクラス1の配列を決定した

本土日本人はゲノムの10%が縄文人由来

① 現代日本人が縄文人から受け継いだDNAの割合が分かった
 東京在住者に代表される本土日本人のゲノムの約10%が縄文人に由来すると推定できた。また北海道のアイヌ民族の人々は7割くらい、琉球の人々は3割くらいを受け継いでいると考えられた。これらの割合について、神澤さんは「従来、形態的な特徴などの研究から言われていたこととほぼ一致した」と話す。

拡大縄文人と大陸沿岸部の人々が遺伝的に近いことを示す解析結果。論文に掲載された=国立科学博物館提供
② アジア人集団における縄文人の祖先の起源がはっきりしてきた
 縄文人は漢民族に代表される大陸のアジア人集団と比較的古い時期に分かれ、それは約3万8000年前から約1万8000年前までの間とみなすことができた。少し幅があるが、最近は縄文時代を約1万6000年前~約3000年前の間と考えるようになっており、それより前だということに意味がある。つまり縄文人の祖先集団は、縄文時代に入る前の旧石器時代末には集団として確立していたことになる。「旧石器時代人と縄文人は日本列島の中でつながっており、列島内にいた人たちが縄文土器を作り始めて縄文時代が始まった」と篠田さんは考えている。
 ただ、縄文人の遺伝的要素を持つ人々は日本列島のみならず、ロシア沿海州、朝鮮半島、台湾など東アジアの沿岸部に少なからずいることも分かってきた。こうした要素を持つ人たちが大陸沿岸部に分散する中で一部が日本列島へ渡ってきた可能性が高そうだが、現状では日本列島の縄文人が大陸沿岸部に広がった可能性も否定できない。

③ 縄文人の祖先集団の人口動態が明らかになった
 ゲノム情報を活用した統計的な分析から、過去5万年にわたり縄文人集団の規模は小さいままで推移してきたと推定できた。縄文人につながる人々が日本列島へやって来たのは早くとも約4万年前なので、それ以前の大陸にいた時代から人口の増加はあまりなかったらしい。これは狩猟採集生活を送っていたことと関係するとみられ、同じような人口動態を示す例として挙げられるのは現在の南米先住民族だという。比較的早くに農耕生活を始めた漢民族などで、集団の規模が爆発的に膨らんでいったのとは大きく異なる。

遺伝的な特徴を盛り込んで復顔像を作製

④ 個々の縄文人が持つ遺伝的な特徴をつかめるようになった

拡大船泊遺跡23号人骨の復顔像=国立科学博物館所蔵
 外見的に分かる遺伝的特徴を取り込んだ23号人骨の復顔像は昨年、科博が開いた特別展「人体」において初めて公開された(今年のNEWS 展示「北海道縄文人の全ゲノムを完全に解読」でも公開)。肌の色は濃いめでしみができやすい、髪の毛は細くて巻きぎみだった、目の虹彩の色は茶か黒、といった具合だ。このほか、前歯がシャベル型になる程度は弱い、耳あかは湿ったタイプ、血液型はA型でRh+、などという特徴もつかめた。アルコールやアルデヒドの分解に関わる酵素は活性型で、生活の中でお酒を飲む機会があったかどうかは分からないが、お酒に強い体質の人だった。

 注目されたのは、この23号人骨の女性が、 ・・・ログインして読む
(残り:約2189文字/本文:約4453文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

米山正寛

米山正寛(よねやま・まさひろ) 朝日新聞記者(科学医療部)

朝日新聞科学医療部記者。「科学朝日」や「サイアス」の編集部員、公益財団法人森林文化協会事務局長補佐兼「グリーン・パワー」編集長などを務め、2018年4月から再び朝日新聞の科学記者に。ナチュラリストを夢見ながら、とくに自然史科学と農林水産技術に関心を寄せて取材活動を続けている。

米山正寛の記事

もっと見る