メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

京アニ放火というテロの損害の大きさ

「知的ノウハウ」と「日本のイメージ向上チャンネル」 2つの大きな損失

山内正敏 地球太陽系科学者、スウェーデン国立スペース物理研究所研究員

 京都アニメーション(京アニ)への放火で、多くの犠牲者や負傷者が出た。まずはお悔やみとお見舞いを申し上げたい。

拡大京都アニメーション前に多くの人々が献花に訪れた=2019年7月20日、京都市伏見区、矢木隆晴撮影
 放火とは建物内にいる人間の大量殺人を目的にしており、まさしく「テロ」だ。今回は、通り魔的な無差別殺人と異なり、犯人の頭の中で作った「敵」を攻撃した行為、すなわち思想行為であり、オウム真理教によるサリン地下鉄テロと同じく、狭義でも「テロ」と言えよう。

 近年、完全な単独犯によるテロで一番犠牲者が多かったのが2011年7月のオスロ郊外でのテロで、犠牲者は77人だ。続いて、2016年6月に米国オーランドで49人が、2017年10月に米国ラスベガスで59人が(通り魔殺人に近いので米国基準ではテロではないが)犠牲となり、今年3月にニュージーランドで51人の犠牲者が出ている。犠牲者の数だけでも今回はそれに次ぐが、失われた無形財産を考えると、私には今回が最悪のテロ被害と感ぜられるのである。その理由を以下に述べる。

複数の意味での喪失の危機

 京アニは、外国住まいでアニメに縁のない私でも、虫プロとジブリの次に名前を知ったほどに有名だ。英国BBCがかなり長い時間にわたって今回の事件をWEB版のトップに載せたほか、スウェーデンの各メディアもトップで扱った。その際の記事も、単なる「最悪の放火」という面だけでなく、ターゲットが京アニであったことをことさら強調する内容だった。

拡大京都アニメーションが制作したアニメ作品「けいおん!!」

 報道はどれも「K-ON!」(けいおん!)を代表作として紹介し、他に「涼宮ハルヒの憂鬱」も多くのメディアが紹介していた。これらの作品が欧州でも人気のアニメだったことをうかがわせる。ちなみに後者は、放映後しばらくの間、その二次創作がネット上に出回って、訳の分からなかった私は原作を買って京アニの名前を覚えるきっかけとなった。

 加えて、こちらの報道では、どこもが「日本のアニメ業界では珍しく従業員を大切にする会社で、歩合制でなく月給制である」と指摘している。つまり、海外では「質」だけでなく「制作過程」にも好印象をもたれているスタジオであることが分かる。単にアニメ業界や文化にとどまらず、国際親善という意味で、極めて重要な役割を果たしてきたのである。そんなチームだからこそ、海外から1億円を超える義援金がすぐに集まった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

山内正敏

山内正敏(やまうち・まさとし) 地球太陽系科学者、スウェーデン国立スペース物理研究所研究員

スウェーデン国立スペース物理研究所研究員。1983年京都大学理学部卒、アラスカ大学地球物理研究所に留学、博士号取得。地球や惑星のプラズマ・電磁気現象(測定と解析)が専門。2001年にギランバレー症候群を発病し1年間入院。03年から仕事に復帰、現在もリハビリを続けながら9割程度の勤務をこなしている。キルナ市在住。

山内正敏の記事

もっと見る