メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

サンマの国際漁業規制が意味するもの

日中など8カ国が総枠に合意したが、必要なのは国別の枠設定だ

片野歩 水産会社勤務

サンマが獲れなくなった

 秋の味覚サンマ。それが獲れないというニュースを耳にすることが増えて久しいのではなかろうか? 秋になると鮮魚で、それ以外の時期は解凍品が手ごろな価格で一年中流通していたサンマ。そのサンマを巡る環境が、資源量の減少や他国の参入に伴い大きく変わっている。今年の資源量は大凶漁であった2017年に次ぐ低水準で、昨年の3割減という予報が7月31日に発表された。しかし、現状では日本も含め各国はサンマが減っても容赦なく獲ろうとする。

拡大サンマ©Aoki Nobuyuki

 この春、今まで8月(一部7月)からとしていたサンマ漁を今年の5月から通年操業できるようにするというニュースが流れた。しかし、母港を出て3日、もしくはそれ以上かかる公海の漁場に行ったが、漁は芳しくなかった。実は、昨年もサケマス流し網漁禁止の代替漁業として同時期に行われており、今年で4年目になる。今年の水揚げは5~7月で前年同期比の4割減の5千トンだった。獲れたサンマは、小さく脂がのっていないとも報道されていた。

 そして、7月中旬には「サンマに日中など8カ国、初の漁獲枠55万トンを設定」「乱獲に歯止め」「上限を緩めて決裂回避」といった2020年のサンマの漁獲規制に関する報道が流れた。

 これは、2019年7月16日~18日の3日間、東京で開かれた第5回北太平洋漁業委員会(NPFC)という国際会議の結果を報道したものだ。加盟国は、日本、台湾、中国、韓国、ロシア、バヌアツ、米国、カナダの8カ国・地域で、北部太平洋で漁獲されるサンマ、サバ類、イワシ、イカなどの資源管理措置が主要議題だった。

 今回の合意で「乱獲に歯止め」がかかるのかといえば、NOだろう。それはなぜなのかを解説し、今後どうすべきかを提言したい。

サンマ漁の実際

 さて、サンマはどのあたりにいるのだろうか。図は、サンマの分布を示している。日本のはるか沖合を回遊しており、このため国際漁業資源として分類されている。サンマの寿命は約2年と短い。

 分布は広範囲だが、実際に魚群がまとまって漁場が形成されるのは、ピンクと水色の箇所、つまり太平洋側の日本の近海と排他的経済水域(EEZ)の外側である。色の境目は、日本のEEZとの分かれ目だ。中国や台湾などの漁船は、日本のEEZ内では操業できないので、そのギリギリの海域で操業をしている。これは、マサバ、マイワシといった、日本で産卵している魚がEEZからはみ出して回遊する「はみ出し資源」についても同様となる。

 また、中国や台湾などの漁船の方が大型であるとしばしば指摘されるが、それには理由がある。ピンク色の漁場から自国に鮮魚で水揚げできる距離ではない。このため洋上で冷凍する形を取らざるを得ず、大型なのだ。そして凍結された魚は、洋上で運搬船に積み替えられて運ばれて行く。一方で青色の漁場で獲る日本のサンマ船は、鮮魚のまま日本の港に水揚げできる地理的な利点がある。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

片野歩

片野歩(かたの・あゆむ) 水産会社勤務

早稲田大学卒。2015年、サステナビリティについて話し合う「シーフードサミット」で日本人初の政策提言部門最優秀賞を受賞。著書に『日本の漁業が崩壊する本当の理由』(ウェッジ)、『日本の水産資源管理』(慶應義塾大学出版会・共著)、『魚はどこに消えた?』(ウェッジ)、『日本の水産業は復活できる!』(日本経済新聞出版社)。

片野歩の記事

もっと見る