メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「感動」って売買できるものなのか?

現代社会を特徴づける「薄めた情動の大量消費」

下條信輔 認知神経科学者、カリフォルニア工科大学生物・生物工学部教授

 こうした動物における情動行動の解発と、ヒトの情動反応とはむろん異なる。しかしたとえば、火災や地震などにおける群衆のパニック行動や、神経系の進化などを見ても、ヒトの情動行動の起源は、動物の情動解発メカニズムにあると考えてよい。

拡大北半球の亜寒帯に分布するイトヨ(Anton B Stephan氏撮影)

 さてこれを「感動の売買?」に当てはめると、どうなるか。 ・・・ログインして読む
(残り:約2074文字/本文:約3150文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

下條信輔

下條信輔(しもじょう・しんすけ) 認知神経科学者、カリフォルニア工科大学生物・生物工学部教授

カリフォルニア工科大学生物・生物工学部教授。認知神経科学者として日米をまたにかけて活躍する。1978年東大文学部心理学科卒、マサチューセッツ工科大学でPh.D.取得。東大教養学部助教授などを経て98年から現職。著書に『サブリミナル・インパクト』(ちくま新書)『〈意識〉とは何だろうか』(講談社現代新書)など。

下條信輔の記事

もっと見る