メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

プラスチックス問題へ、取り組み進むカリブ海諸国

日本も世界の動きに対する感度を上げよ

桜井国俊 沖縄大学名誉教授、沖縄環境ネットワーク世話人

 最近の沖縄の天気は明らかにおかしい。雨の降り方が熱帯型になってきている。毎月第1土曜日は辺野古のキャンプシュワブゲート前での「県民大行動」の日で、8月3日には主催者発表で800人の人々がゲート前に集まり、新基地建設反対の声を上げた。天気予報は雨で、会場の1キロ隣りでは土砂降りだった。しかし集会の1時間、会場は快晴であった。

 世界の天気も明らかにおかしくなっている。欧米を記録的な熱波が襲い、気候変動のスピードが予想以上に速いとの危機感が高まっている。そうした中で、日本は世界の脱石炭の流れに逆行し、国外からの見る目は極めて厳しい。問題なのは、外から厳しい目が向けられていることについて日本社会の感度が悪いことだ。

カナリアとしての島嶼国

 地球温暖化による海面上昇で最初に消えると予想される国として、ツバルは多くの人々に知られることとなった。島嶼国は他の国からの遠隔性やその狭小性のゆえに、自然のみならずその社会・経済にも厳しいものがある。従って2030年を目標に地球社会全体がSDGs(持続可能な社会)の実現を目指すとき、最もチャレンジングな現場の一つとなるのが島嶼国である。その意味で島嶼国は、地球社会にとって、地中深くの坑道で酸素欠乏の危機を告げるカナリアのような存在であると言える。

拡大カリブ諸国の廃棄物行政担当者と意見交換する筆者(JICA沖縄センターにて)
 筆者の沖縄生活はもうすぐ20年になるが、常々、沖縄は日本のカナリアだと思いながら暮らしている。沖縄からは日本社会の矛盾・課題がよく見えるからだ。また地球社会全体の課題・矛盾を知るために、太平洋やカリブ海、インド洋の島嶼に暮らす人々との交流に努めている。島嶼同士でお互いに学ぶものが多いからだ。

 ということで今年の8月、筆者はカリブ海の島々・国々に暮らす人々との交流に取り組んでいる。ジャマイカ、ドミニカ、ベリーズ、ガイアナ、ハイチの5カ国から来た廃棄物行政の担当者と、どうすればよりよい生活環境を市民・住民・島民に提供できるかについて議論してきた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

桜井国俊

桜井国俊(さくらい・くにとし) 沖縄大学名誉教授、沖縄環境ネットワーク世話人

1943年生まれ。東京大学卒。工学博士。WHO、JICAなどでながらく途上国の環境問題に取り組む。20年以上にわたって、青年海外協力隊の環境隊員の育成にかかわる。2000年から沖縄暮らし。沖縄大学元学長。

桜井国俊の記事

もっと見る