メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

アートが生殖技術を描くとき 母の視点、娘の視点

科学技術と言論とアートを融合させる実験場——あいちトリエンナーレ鑑賞記(1)

粥川準二 県立広島大学准教授(社会学)

 10月14日、あいちトリエンナーレ2019が閉幕した。

 筆者はここ数年、芸術祭に行くことが趣味のひとつになっている。中毒気味といってもいい。今年は瀬戸内国際芸術祭2019(香川、岡山)、リボーンアート・フェスティバル2019(宮城)、そしてあいちトリエンナーレ2019(愛知)、と国際的な芸術祭が三つも重なってしまったのだが、スケジュールを調整して三つとも訪れた。瀬戸芸もリボーンもとても素晴らしかったのだが、印象の深さでいえば、あいトリが圧倒的だった。

 そのことは、筆者が、会場の一つになった愛知県豊田市の出身であることと多少関係するかもしれない。しかし、「表現の不自由展・その後」とそれをめぐる一連の騒動とはあまり関係ない。あいちトリエンナーレ2019では、ジャーナリストで芸術監督の津田大介が掲げた「情の時代(Taming Y/Our Passion)」というコンセプトに基づき、社会的メッセージ性の高い作品群が数多く集められていた。あいトリを観た人なら誰でも同意するだろう。

拡大青木美紅<1996>=名古屋市美術館、江向彩也夏撮影

 そして「情の時代」とは、3.11を経験し、ゲノム編集ベビーが生まれてしまった時代でもある。感情と情報は科学技術をめぐる話題にも乱れ飛ぶ。われわれはそれらを情けで飼いならすしかない。そんな時代の要請で、あいちトリエンナーレ2019は、芸術(アート)と科学技術(サイエンス&テクノロジー)と言論(ジャーナリズム)が融合する実験場となった。

 筆者は8月の16日から18日にかけて、あいトリを鑑賞した。「表現の不自由展・その後」をはじめ、いくつかの作品が展示を中止していた時期である。その後、さらにいくつかの作品が展示を中止したり、内容を変更したりした。このまま禍根を残したまま閉幕する雰囲気もあったが、「表現の不自由展・その後」は10月8日に展示を再開し、それに応じて中止されていた他の作品も再開した。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

粥川準二

粥川準二(かゆかわ・じゅんじ) 県立広島大学准教授(社会学)

1969年生まれ、愛知県出身。フリーランスのサイエンスライターや大学非常勤講師を経て、2019年4月より現職。著書『バイオ化する社会』『ゲノム編集と細胞政治の誕生』(ともに青土社)など。共訳書『逆襲するテクノロジー』(エドワード・テナー著、山口剛ほか訳、早川書房)など。監修書『曝された生 チェルノブイリ後の生物学的市民』(アドリアナ・ペトリーナ著、森本麻衣子ほか訳、人文書院)。

 

粥川準二の記事

もっと見る