メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

旭化成より特許が4年早かった三洋電機の謎を追う

リチウムイオン電池の黒鉛負極を開発したのにあまり知られていないのはなぜなのか

高橋真理子 朝日新聞 科学コーディネーター

拡大ノーベル賞授賞式でカール16世グスタフ国王からノーベル化学賞のメダルと賞状を授与される吉野彰・旭化成名誉フェロー=2019年12月10日、ストックホルムのコンサートホール、代表撮影
 旭化成の吉野彰さんが12月10日、スウェーデン・ストックホルムで晴れ舞台に立った。米テキサス大のジョン・グッドイナフさん、米ニューヨーク州立大のスタンリー・ウィッティンガムさんとともにリチウムイオン電池開発への貢献が高く評価されてのノーベル化学賞受賞である。

 この3人の名前が発表された10月初め、急ぎ特許について調べた私は、旭化成よりも4年早く三洋電機が特許を出願していたことを知った。世界で最初に商品化したのはソニーであるとか、グッドイナフさんの研究室で正極を開発したのは東芝の水島公一さんだったといった情報は吉野さんの受賞決定とともに広く報じられたが、三洋電機の名はとんと報道されなかった。なぜなのだろうか?という素朴な疑問を解くのが、この記事のミッションである。

2011年にパナソニックに吸収されて消滅した三洋電機

 まずは当事者に聞こうと思ったが、三洋電機はいまや存在しない。2011年にパナソニックの完全子会社になっている。ウィキペディアによると「グループ10万人超の巨大企業が倒産を経ずに(経営統合で)事実上消滅するという、日本の経済史でも初めてのケース」だった。いま、三洋電機のことを聞くとすれば、窓口はパナソニックの広報になる。

 質問は一つ。「なぜ三洋電機のリチウムイオン電池の特許は話題にならないのか」。電話に出た広報の女性は、親切にも社内の電池の専門家に問い合わせてくれた。だが、「なにぶん昔の話であり、事情がわかる者はいなかった」という、考えてみれば「当然」の答えが返ってきただけだった。

 私が特許についての情報を得たのは、特許庁が2010年4月に出した「特許出願技術動向調査報告書リチウムイオン電池」からである。そこの「リチウムイオン電池の注目特許による技術変遷図」を見ると、1981年に三洋電機が「黒鉛層間化合物を負極活物質とするリチウムイオン電池」という特許を、1985年に旭化成が「層状構造の複合酸化物正極/炭素負極の非水系二次電池」という特許を出願している。これに先立ち、1979年に英国原子力公社が特許を出願しているが、これは当時英国のオックスフォード大学で研究していたグッドイナフさんの研究成果である。

 黒鉛とは、ご存じのように鉛筆の芯の材料で、炭素の結晶が層状に重なったものだ。要するに、負極の材料は三洋も旭化成も同じ炭素ではないか、と私は思った。

ノーベル財団の発表資料の説明に三洋電機は出てこない

拡大ノーベル化学賞の授賞式に臨む(右から)吉野彰・旭化成名誉フェロー、米ニューヨーク州立大のスタンリー・ウィッティンガム特別教授、米テキサス大のジョン・グッドイナフ教授=2019年12月10日、ストックホルムのコンサートホール、代表撮影
 ノーベル財団の発表資料によると、
・・・ログインして読む
(残り:約3621文字/本文:約4667文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞 科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の記事

もっと見る