メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

生物多様性の海、沖縄県大浦湾を守る

日米地位協定に挑む安部集落のおばあ達

桜井国俊 沖縄大学名誉教授、沖縄環境ネットワーク世話人

 師走の沖縄。地元の新聞2紙の1面トップに掲載されたのは、キャンプ・ハンセン近くの金武町で米軍の照明弾が民家に近い田んぼに落下したとの記事であった。稲刈り前であれば火事になった恐れが強い。

拡大米軍キャンプ・ハンセン内で打ち上げられていた照明弾とみられる物体(左)と田んぼへの落下物(右)=2019年12月5日、沖縄県金武町、謝花喜順さん提供
 同じ日の沖縄タイムス紙は、社会面で「園からの祈り 緑ヶ丘 部品落下から2年」という連載記事を開始している。米軍普天間飛行場に隣接する宜野湾市の緑ヶ丘保育園に大型輸送ヘリCH53Eからのものとみられる円筒が落下したのが2年前の12月7日だったからだ。米軍は今に至るも落下を認めず、園児や父母、保育園関係者は現在も繰り返される上空でのヘリ飛行に慄いている。

日常茶飯事となる部品落下

 2年前、緑ヶ丘保育園への部品落下から6日後には、CH53E大型輸送ヘリの窓(約7.7キロ)が普天間第二小学校の校庭に落下している。落下時は体育の授業中で児童54人が運動場におり、十数メートルの距離にいた小4男子の左肘に風圧で飛んできた物が当たり痛みを訴えた。

拡大沖縄県金武町にある米軍キャンプ・ハンセン

 落ちてくるのは部品だけではない。部品落下の2カ月前の2017年10月11日には、高江の牧草地にCH53Eが墜落炎上している。また普天間第二小学校への窓墜落のちょうど1年前の16年12月13日には、夜間給油訓練に失敗したオスプレイが名護市東海岸の安部沖に墜落大破している。この件について中城海上保安部は複数回にわたり機長を含む当時の乗員への聴取を米軍に要請したが、米軍は応じなかった。日米地位協定17条では日米当局は「犯罪についての証拠の収集および提出を相互に援助しなければならない」と明記しているが、米軍はこれを無視したのである。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

桜井国俊

桜井国俊(さくらい・くにとし) 沖縄大学名誉教授、沖縄環境ネットワーク世話人

1943年生まれ。東京大学卒。工学博士。WHO、JICAなどでながらく途上国の環境問題に取り組む。20年以上にわたって、青年海外協力隊の環境隊員の育成にかかわる。2000年から沖縄暮らし。沖縄大学元学長。

桜井国俊の記事

もっと見る