メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

サイエンティストとしての宮沢賢治

「石っ子賢さん」の童話作品は膨大な科学知識に支えられて生まれた

米山正寛 朝日新聞記者(科学医療部)

 「注文の多い料理店」や「風の又三郎」などの童話で知られる宮沢賢治。多くの人にとっては作家としてのイメージが強いだろうが、賢治は作家である前に自然を見つめる科学者であった。そんな自然への関心にあふれる姿に着目して、ミュージアムパーク茨城県自然博物館が企画展「宮沢賢治と自然の世界」(2020年2月2日まで、新年は1月2日から開館)を開いている。

拡大花巻市を流れる北上川。賢治はこのあたりの水辺をたびたび訪れ、「イギリス海岸」と名付けた。青白い崖や川底を、白い地層でできたドーバー海峡の海岸に重ね合わせたという(Shutterstock.com/Ikko Sato)
 

石集めから始まった地質学への歩み

 1896(明治29)年生まれの賢治は、小学校4年生の頃に「石っこ賢さん」と呼ばれていたそうだ。現在の岩手県花巻市にあった生家の近くには北上川が流れ、その河原では本流や支流から運ばれてきた様々な石が見つかった。賢治はそうした石を拾い集め、自然への関心を高めていったという。

 進学した盛岡中学校(現在の県立盛岡第一高校)時代に詠んだ短歌には、瑪瑙(めのう、微細な石英の針状結晶でできた鉱物)や蛭石(ひるいし、園芸でよく使われるバーミキュライト)といった名前が登場する。授業で使われた「鉱物界教科書」(神保小虎著)は現在の中高の教科書よりも高度な内容で、柘榴石(ざくろいし、宝石のガーネット)、黄玉(おうぎょく、宝石のトパーズ)などの宝石をはじめ、様々な鉱物や岩石についての知識を広げていった。

拡大賢治が採集した岩石標本(これも含めて、クレジットのない写真は、茨城県自然博物館で筆者撮影)
 賢治は1915(大正4)年に盛岡高等農林学校(現在の岩手大学農学部)へ入学し、地質学を中心に自然科学を学んだ。そしてドイツから帰国した関豊太郎教授のもとで、盛岡や花巻あたりの地質調査に力を尽くした。岩手大学には今も、賢治が採集した岩石標本や作成に関わった地質図、そして当時のハンマーや顕微鏡などが残されており、この企画展のために貸し出されている。

 賢治の作品には、こうして学んだ地学用語が豊富に使われており、今回の展示説明に基づくと、鉱物が約100種類、岩石が約60種類も出ているという。

 地質学者である茨城県自然博の横山一己館長は、賢治が行った採集や調査を、自らの体験を通して感覚的に理解できるそうだ。賢治への関心を以前から抱いており、「自分も石が専門なので、博物館で来館者に多くの石を見てもらいたい。そのために誰かの名前を使うとしたら、やっぱり宮沢賢治でしょう」と話す。そして地学だけでなく動植物も合わせた展示の企画を練り上げ、賢治の作品に出てくる鉱物や星座、動植物などを紹介しつつ、賢治がふれ合った自然の姿を知ってもらえる構成にした。

拡大童話「気のいい火山弾」の展示。物語の最後で火山弾には「東京帝国大学校地質学教室行」と書いた札が付けられて運ばれていく
 童話「気のいい火山弾」で賢治は、マグマが空中に飛び出して冷え固まった火山弾を「ベゴ石」と呼んでいる。会場には形の描写からベゴ石に当たるとみられる紡錘状火山弾が、周りに育つ苔(地衣類のイオウゴケらしい)やオミナエシなどとともに並べられ、作品の情景が作り出されている。かどのある石たちに馬鹿にされても、標本として荷馬車で運ばれる運命になっても、文句を言わないベゴ石の姿に、賢治はどんな思いを託したのだろうか。

 童話「十力の金剛石」の金剛石とはダイヤモンドのことで、この作品には他にルビーやサファイア、蛋白石(オパール)、紫水晶(アメジスト)など、きらびやかな宝石がたくさん出てくる。しかし賢治の思う「十力の金剛石」とは、空や太陽、風や丘などであり、身近な自然が光り輝く宝石以上に価値ある存在であることを、伝えようとしている。

星空まで広がった賢治の思考

 賢治は宇宙への関心も高く、中学時代には星座の早見盤を愛用して夜空を眺めていたという。作品には合計33の星座が登場するそうだが、宇宙と関わる代表作は何といっても「銀河鉄道の夜」だろう。

・・・ログインして読む
(残り:約1860文字/本文:約3345文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

米山正寛

米山正寛(よねやま・まさひろ) 朝日新聞記者(科学医療部)

朝日新聞科学医療部記者。「科学朝日」や「サイアス」の編集部員、公益財団法人森林文化協会事務局長補佐兼「グリーン・パワー」編集長などを務め、2018年4月から再び朝日新聞の科学記者に。ナチュラリストを夢見ながら、とくに自然史科学と農林水産技術に関心を寄せて取材活動を続けている。

米山正寛の記事

もっと見る