メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

日本を弱体化させる大学序列化と入試制度

才能の流動性や多様な価値観を認めなければ、国際競争力はますます失われる

古井貞煕 豊田工業大学シカゴ校 (TTIC) 理事長

 従来の大学入試センター試験(以後「センター試験」)に代わる、大学入学共通テスト(制度)の英語に民間の試験を使うとか、数学や国語に記述式問題を使うとかが検討され、それが頓挫して、受験生や初等中等教育に大きな影響を与えている。

拡大大学入試をめぐる混乱は、大学そのもののあり方の問題を映し出す
 この問題が根深いのは、現在の硬直化した入試制度が、大学本来のあり方にまで大きな弊害を及ぼしているからだ。入試成績ばかりに左右された過度の大学の序列化は、研究者の流動性や大学の多様性を失わせ、国際競争力を低下させるなど、深刻な悪影響を生んでいる。にもかかわらず入試制度を改革できない背景には、日本の大学運営が抱えている課題もある。こうした関係まで含めて論じてみたい。

大学と受験生の序列化

 大学の入試は本来、各大学で、どのような学生が入学してほしいかの基準に従って、個別に行うべきものであるが、大学教員の手間と、受験生それぞれの受験回数の負担を減らすために、センター試験が大学と受験生の序列化に使われてきた。国立大学では、各大学独自に行う入試の出願資格にセンター試験を用いており、受験生の足切りを行う方法として使われているケースが多いが、センター試験の成績だけで合否を決めている場合もある。

 私立大学では、センター試験を入学者選抜にどう利用するかは、各大学が個別に決めており、センター試験だけで選抜をしたり、二次試験を免除する受験生の選抜に用いたり、二次試験の結果と合計して合否判定に用いたりしている。いずれにしても、受験生の序列化がセンター試験で行われるため、これが日本の初等中等教育に及ぼしてきた影響は、極めて大きい。

拡大大学入試が初等中等教育に及ぼす影響は極めて大きい

 受験生が良い大学に入るために序列を高めるには、(評判の)良い高校に入っている必要があり、そのためには良い中学校に入っている方が有利で、そのためには良い小学校に入っている方が良い、ということになって、日本の子供たちは、小さいときから受験に翻弄されている。そして、各段階での入試に合格するために、学校での勉強だけでなく、学習塾に通うことが当たり前になっている。学習塾では、学校で教えている内容よりも早く学習内容を先に進めて、入試前に試験対策の特別指導を行う期間を確保したり、入試での問題を短い時間で解けるようにするための、学校で教えない技術や公式を教えたりしている。子供たちは、学習塾での序列などでお尻を叩かれて、そのような技術や公式を、理屈なしで暗記することが指導される。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

古井貞煕

古井貞煕(ふるい・さだおき) 豊田工業大学シカゴ校 (TTIC) 理事長

 豊田工業大学シカゴ校(Toyota Technological Institute at Chicago=TTIC) 理事長。1968年東京大学卒。工学博士。NTT研究所を経て、1997年より東京工業大学大学院計算工学専攻教授。2011年同名誉教授。2013年よりTTIC学長、2019年より現職。音声認識、話者認識、音声知覚、音声合成などの研究に従事。科学技術庁長官賞、文部科学大臣表彰、NHK放送文化賞、大川賞受賞、紫綬褒章受章、文化功労者。種々の学会から功績賞、業績賞、論文賞、Fellowなど受賞。国内外の学会の会長、学会誌の編集長などを歴任。

古井貞煕の記事

もっと見る