メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

店頭にあふれる「無添加」表示に異議あり!

「国民に大きな誤解をうむ」と検討会で議論、消費者庁が規制指針を作成へ

上田要一 一般社団法人日本食品添加物協会専務理事

2.定義が不明瞭な「無添加」表示もある

 味噌にはパッケージの表面に、大きな文字で「無添加」と表示されていることが多い。伝統的な味噌は大豆、米、麦、麹(こうじ)、水、食塩以外の原料を使用しなくても製造できる。ではなぜ、「無添加」と書くようになったのか?

 味噌業界では、

・・・ログインして読む
(残り:約1881文字/本文:約3080文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

上田要一

上田要一(うえだ・よういち) 一般社団法人日本食品添加物協会専務理事

1981年東京大学大学院農学系研究科修士課程修了、同年、味の素株式会社入社。中央研究所に配属、食品の研究開発、品質保証を担当。2011年品質保証部長、2013年から現職。1998年農学博士(東京大学)、東京農業大学非常勤講師。