メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナの感染爆発をいかに遅らせるか

新規感染者の増加を抑えるために、もう一段の感染防止対策を

唐木英明 東京大学名誉教授、公益財団法人「食の安全・安心財団」理事長

 日本では1人の感染者が1.08人程度に感染させている。この数字の違いのため、日本の感染者の増加はイタリアよりずっと抑えられていえる。しかし、それでは感染爆発は起こらないのだろうか。

日本の感染爆発は近い

 日本では感染爆発が起こらないと思っている人もいるが、そうではない。増加の速度が遅いだけで、日本でも必ず感染爆発が起こる。それはいつなのか?

拡大東京・上野恩賜公園の一部を通行止めにする都職員=2020年3月27日、江口和貴撮影
 これまでの経緯を見ると、感染者が1人から100人に増加するまでの時間は2か月程度だった。今後、1人の感染者が1.08人に感染させると仮定すると、100人が500人まで増加する時間は21日、500人から1000人になる時間は9日だ。現状のままだと、4月14日に感染者数は500人を超え、その後、4月23日に1000人、5月2日には2000人、8日には3000人と、爆発的に増加する恐れがある。
・・・ログインして読む
(残り:約1971文字/本文:約3542文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

唐木英明

唐木英明(からき・ひであき) 東京大学名誉教授、公益財団法人「食の安全・安心財団」理事長

1964年東京大学農学部獣医学科卒。農学博士、獣医師。東京大学農学部助手、同助教授、テキサス大学ダラス医学研究所研究員などを経て、東京大学農学部教授、東京大学アイソトープ総合センターセンター長などを務めた。2008〜11年日本学術会議副会長。11〜13年倉敷芸術科学大学学長。著書「不安の構造―リスクを管理する方法」「牛肉安全宣言―BSE問題は終わった」など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

唐木英明の記事

もっと見る