メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

続・授業こそコロナ拡大を防ぐセーフティーネットだ

感染対策を新たな大学授業の改革へと反転させよう

安居光國 室蘭工業大学くらし環境系准教授

 たとえば最初の「GPA」はグレード・ポイント・アベレージの略で、近年広がっている成績評価方法だ。国際的に通用する基準であることから、90%以上の大学が導入している。各科目の成績に応じて点数(グレード・ポイント)が与えられ、履修指導や奨学金の基準などに活用されている。

 教員が学生に与える単位にも、説明責任を求められる。たとえば講義15時間には、予習15時間と復習15時間が不可欠と考え、これらをもって1単位を与えるため、学生はむやみに時間割がいっぱいになるほど授業を選択できない。この上限値を決める仕組みがキャップ制だ。単位の実質化の一つである。オンライン授業で予習をし、教室で復習する「反転授業」も同様である。

 つまり今の大学は、ただ単位をもらうには定期試験だけ合格すればよいわけではない。まずは日々の学習ありき、という実質的な考え方をとる。多くの大学で、教室の入り口には学生証をタッチして出席を記録する装置がある。学んだ成果をこまめに確認する小テストも多くなっている。「学ばざる者は卒業かなわず」である。

オンライン授業だけでよいのか

 このように大学は近年、学生の学びに真剣に向き合い、改革を重ねてきた。その中で起きたのが、新型コロナウイルスの感染拡大である。感染予防のためにオンライン授業へ切り替える準備を進めているが、教育の質保証を維持することは限られた予算や設備、時間のなかでは手探り状態だ。週5コマ以上の授業を持っている先生もザラにおり、苦労は計り知れない。

 一方で、その効果は高い。いまどきのオンラインシステムは復習のための録画視聴サービスも備わり、多くの学生たちにとっては「いつでも好きな時間に学べる」というメリットもある。もちろんネットワークの接続時間などを把握でき、出席状況も一目瞭然である。双方向授業であるため、学生たちの表情も見えるし、質問や議論もできて教室に近い臨場感もある。小テストも課題レポートも可能だ。教員は、マスクをしていない学生たちの顔をカメラ越しに見られるであろう。整理されていない部屋や化粧をしてない素顔までは、見せてはくれないだろうけど。きっとポストコロナにはオンライン授業がいっきに拡充されるだろう。

拡大学生たちが教室へ戻れるのはいつになるのか

 では、オンライン授業だけでよいのか。たとえば東京大学は3月31日、学生に向けて「対面での講義は最小限とし、オンライン化を奨励し推進する」との方針を示した。急激な感染者数の増加や、3月25日の東京都知事による外出自粛要請等を踏まえ、見直しを検討したという。その結果として、学生の安全確保を最優先するために4月以降に開講する授業を当面の間はオンライン授業のみとした。

・・・ログインして読む
(残り:約1641文字/本文:約3842文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

安居光國

安居光國(やすい・みつくに) 室蘭工業大学くらし環境系准教授

1958年生まれ。大阪大学理学部大学院生理学専攻博士課程修了、理学博士。専門は微生物応用,技術者倫理,教育工学。バイオマス利用研究のほか、教育改善方法、研究公正を検討している。日本工学教育協会・技術者倫理調査研究委員会委員として次世代の技術者教育を研究している。

安居光國の記事

もっと見る