メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新作『もったいないキッチン』の試写会をオンラインでしてみたら

食品ロスを描いた映画の完成披露試写会が、コロナ禍でZoom開催になった

関根健次 ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役社長、一般社団法人 国際平和映像祭 代表理事

 コロナ禍で様々な業界が打撃を受けているが、人が集うことが前提の映画業界も大打撃を受けている。新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため、営業休止した劇場もあれば、座席の間隔を1席分空けて営業を続けている劇場もある。緊急事態宣言が全国に拡大した4月16日以降は、ほとんどの劇場が休止しているのが実情だ。
 映画配給会社として、劇場公開させたばかりの映画も壊滅的な打撃を受けた。しかし2020年は、経営しているユナイテッドピープルとして記念すべき新しいステップを踏む年だ。

 映画配給事業を始めて10年。ユナイテッドピープルは、今年初めて映画を制作し、完成させたのだ。筆者自身がプロデューサーとなっている。その映画とは、8月に劇場公開予定の『もったいないキッチン』だ。

『もったいないキッチン』©UNITED PEOPLE拡大『もったいないキッチン』©UNITED PEOPLE

 『もったいないキッチン』は、日本が大切にしてきたもったいない精神に魅せられ、オーストリアからやってきた映画監督で食材救出人のダーヴィド・グロスが、日本を旅して様々な“もったいない”アイデアに出会うロードムービー。

 食材救出人の異名も持つダーヴィドは、前作『0円キッチン』(2015年)でヨーロッパ5カ国をキッチンカーで巡り、捨てられる運命の食材をおいしい料理に変身させた。本作『もったいないキッチン』では、その舞台を日本に移し、福島から鹿児島まで4週間1600kmを旅して、

・・・ログインして読む
(残り:約1921文字/本文:約2505文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

関根健次

関根健次(せきね・けんじ) ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役社長、一般社団法人 国際平和映像祭 代表理事

1976年生まれ。ベロイト大学卒。2002年にユナイテッドピープルを創業し、 09年から映画事業を開始。11年からは国際平和映像祭(UFPFF)も 開催している。2016年から1年、平和国家コスタリカに暮らした。

関根健次の記事

もっと見る