メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナ対策の次亜塩素酸水で「本当に怖いこと」

「有効性」「安全性」めぐって深まる混乱 欠かせない事実の見極め

伊藤隆太郎 朝日新聞記者(科学医療部)

 新型コロナウイルスが広がり、消毒用のエタノールが品薄となるなか、代替になりそうな「次亜塩素酸水」が注目されてきた。名前の似た「次亜塩素酸ナトリウム液」には、新型コロナに対する有効性が認められている。だが両者は別物で、勘違いや混乱が少なくない。

 次亜塩素酸水については5月末、検証していた経済産業省などが「現時点では有効性は確認されていない」との中間結果を示した。これに次亜塩素酸水生成器のメーカーなどが「効果を示すデータはある」と反発し、対立も生まれている。どう考えればよいだろうか。

 この話には、つまずきの石がいくつも転がっている。ちょっとややこしくて、誤解しやすいのだ。つまり、
【問題1】次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム液、どちらの話題か?
 と混同しがちで、この両者それぞれに、
【問題2】ウイルスや菌に効くのか? また新型コロナにも効くか?
 という有効性の疑問がからみ、さらに、
【問題3】手や指に使って大丈夫か。室内で噴霧しても安全か?
 といった安全性の問題が重なるからだ。食い違いや誤解が二重三重に積み上がって、対立も複雑になりがちだ。

 だがそもそも「感染症の被害やリスクを抑えたい」という切なる願いは、みんなに同じはず。いがみ合いばかりが深まれば不幸だ。まずは順番にこれらの問題点を整理してみたい。

混乱1 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いは?

 いささか不遜な言い方だが、ごく基礎的な化学知識がある人にとっては、ここで混乱が生じることを想像しづらいようだ。もうすこし身近なもので置き換えて、直感的につかんでみてはどうだろう。

拡大経済産業省などの資料をもとに編集部で整理
 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの関係は、ちょうど「炭酸水」と「炭酸ナトリウム」の関係に相当する。炭酸水とは、あのシュワシュワっとした水のこと。気体である二酸化炭素(CO2)が溶けていて、放置すればじわじわと気泡になって抜けていく。保存には冷蔵庫が向く。一方、炭酸ナトリウムは白い粉末で、炭酸ソーダやソーダ灰といった別名もある。水に溶かすとアルカリ性を示す。こんにゃくの凝固剤などにも使われる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

伊藤隆太郎

伊藤隆太郎(いとう・りゅうたろう) 朝日新聞記者(科学医療部)

1964年、北九州市生まれ。1989年、朝日新聞社に入社。筑豊支局、西部社会部、AERA編集部などを経て、2016年から科学医療部。

伊藤隆太郎の記事

もっと見る