メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無症状の妊婦に新型コロナPCR検査はすべきでない

妊婦にメリットはほとんどなく、院内感染の予防にもつながらない

室月淳 宮城県立こども病院産科部長

 逆に妊婦さんがPCR検査をうけることのデメリットは大きいといわざるをえません。とくに

・・・ログインして読む
(残り:約2010文字/本文:約3567文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

室月淳

室月淳(むろつき・じゅん) 宮城県立こども病院産科部長

1986年東北大学医学部医学科卒業、臨床研修を経て1989年に東北大学医学部産科婦人科学教室に入局。1993年から3年間、カナダ・ウェスタンオンタリオ大学ローソン研究所に留学。2004年岩手医科大学産婦人科講師、2007年東北大学産婦人科准教授、2009年宮城県立こども病院産科部長、2010年から東北大学大学院医学系研究科先進発達医学講座胎児医学分野教授を併任。著書に『出生前診断の現場から 専門医が考える「命の選択」』(集英社新書)など。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです