メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

都市にシカやイノシシが出没する時代に必要なこと

野生動物管理官を全国に。管理官不在では野生動物と共存などできない

羽山伸一 日本獣医生命科学大学獣医学部野生動物学教室教授

病院に医師が必要なように、地域社会には野生動物管理官が不可欠

 では、どうすればよいのか。

・・・ログインして読む
(残り:約1335文字/本文:約3110文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

羽山伸一

羽山伸一(はやま・しんいち) 日本獣医生命科学大学獣医学部野生動物学教室教授

帯広畜産大学大学院修士課程修了。獣医師、博士(獣医学)。1982年、ゼニガタアザラシ研究グループの創設に参加。以来、日本産大型野生動物の研究と保護活動に従事する。近著に『野生動物管理 -理論と技術-』(共編著、2016年、文永堂出版)、『野生動物問題への挑戦』(2019年、東大出版会)、『日本の鰭脚類 海に生きるアシカとアザラシ』(共著、2020年、東大出版会)など。