メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「グリーンな復興」に不可欠な環境アセス制度の抜本的強化

辺野古の埋め立て用土砂採取で環境破壊が沖縄県全域に広がる恐れ

桜井国俊 沖縄大学名誉教授、沖縄環境ネットワーク世話人

 この申請書は、県によるミスのチェックと、それに伴う防衛局の対応を経て、当初は7月中にも告示・縦覧に供されると言われていたが、

・・・ログインして読む
(残り:約3690文字/本文:約4444文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

桜井国俊

桜井国俊(さくらい・くにとし) 沖縄大学名誉教授、沖縄環境ネットワーク世話人

1943年生まれ。東京大学卒。工学博士。WHO、JICAなどでながらく途上国の環境問題に取り組む。20年以上にわたって、青年海外協力隊の環境隊員の育成にかかわる。2000年から沖縄暮らし。沖縄大学元学長。

桜井国俊の記事

もっと見る