メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

海の温暖化で激変する「日本の食卓」の未来

海水温の上昇が、貴重な海の幸を消滅させるかも知れない

山本智之 科学ジャーナリスト・朝日学生新聞社編集委員

 「海の環境問題」について、具体例を挙げてみてください。どんな言葉が思い浮かびますか--? 講演などの際に、参加者のみなさんにそんな質問をしている。大半の人がまず挙げるのが「海のプラスチックごみ」の問題だ。「魚の乱獲」や「海の水質汚染」という人もいる。しかし、「海の温暖化」と答える人は、ほとんどいない。

拡大冷たい水を好むサケ。温暖化が進むと、日本のサケは激減する可能性がある=山本智之撮影
 海水温の上昇がいま、日本の海の生態系を変えつつある。そして、私たちの食卓に将来、大きな影を落とす恐れがある。しかし、そうした危機感は、まだ広く共有されていないと感じる。

コンブの消滅、サケの激減

 コンブは、和食の「だし文化」を支えてきた重要な海藻だ。しかし、地球温暖化によって、日本の沿岸に分布するコンブは激減し、いくつかの種類は消滅してしまう可能性がある。

 冷たい北の海で育つコンブは、暑さが苦手な海藻だ。マコンブやミツイシコンブ、ナガコンブなど様々な種類があるが、北海道大学の仲岡雅裕教授らの研究チームによると、高いレベルで温室効果ガスの排出が続いた場合、海水温が上昇する影響で、ミツイシコンブなど6種が、日本の沿岸から姿を消す可能性がある。

拡大クロマグロ。温暖化でさらに資源量が減る 恐れがある=山本智之撮影

 食卓になじみ深い魚であるサケも、海の温暖化が進むと日本国内の漁獲量は大幅に減る可能性が高い。サケが生息するうえで最適とされる水温は8~12℃だ。しかし、夏場を中心に、日本近海からサケの生息に適した温度帯の海域が徐々に失われていくことが、北海道大学の帰山雅秀・名誉教授らのシミュレーション研究によって明らかになった。このままのペースで温暖化が進むと、今世紀末には日本からサケの姿がほとんど消えてしまう可能性さえあるという。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山本智之

山本智之(やまもと・ともゆき) 科学ジャーナリスト・朝日学生新聞社編集委員

朝日新聞記者として約20年間、科学報道に従事。ライフワークとして「海洋」をテーマに取材を続けている。潜水経験は500回以上。南極海や南米ガラパゴス諸島など国内外で潜水取材を行う。朝日新聞大阪本社科学医療部次長などを経て2020年から朝日学生新聞社編集委員。海の生物や環境をテーマに講演活動にも取り組む。

山本智之の記事

もっと見る