メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

海の温暖化で激変する「日本の食卓」の未来

海水温の上昇が、貴重な海の幸を消滅させるかも知れない

山本智之 科学ジャーナリスト・朝日学生新聞社編集委員

 海水温の上昇による生物への深刻な影響として、新聞やテレビでもよく報道され、最も広く知られているのは「サンゴの白化現象」だろう。温暖化が進むにつれて、白化現象はさらに発生頻度が高まることが、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書でも指摘されている。

 しかし、海水温の上昇は、南の島々のサンゴ礁だけでなく、私たちの食卓を支えてきた「北の海の幸」にも大きな変化をもたらすと考えられるのだ。

サンマは温暖化でサイズが小さく

 高級な寿司ダネの代表格で、「海のダイヤ」の異名をもつクロマグロも、温暖化の影響が懸念される魚種のひとつだ。東京大学の木村伸吾教授らの研究によれば、海水温の上昇に伴って、ふ化直後の仔魚の生残率が低下する。その結果、乱獲で昔に比べて減ってしまったクロマグロの資源量は、さらに低下すると予測される。

拡大ホタテガイ。海水温の上昇につれ、生息に適した海域が減ると予測される=山本智之撮影
 独特の甘みがあり、プリッとした食感の貝柱が寿司ダネや刺身などに幅広く利用されるホタテイガイも、水温上昇の影響が心配されている。ホタテガイは高い水温が苦手な北方系の二枚貝なのだ。

 北海道大学の柴野良太研究員(現・東京大学大気海洋研究所研究員)、藤井賢彦准教授らの研究チームによると、温室効果ガスの高排出シナリオに沿ったシミュレーションでは、夏場の高水温がネックとなり、2090年代には北海道を含む国内全域で、ホタテガイの生息に適した海域が失われてしまう可能性さえある。

拡大温暖化が進むと、サンマは小型化すると予測されている=山本智之撮影
 「秋の味覚」としておなじみのサンマは、温暖化が進む将来、旬が「冬」へとずれこみ、サイズが小さくなると予測されている。東京大学大気海洋研究所の伊藤進一教授によると、温室効果ガスの排出がこのまま高いレベルで続いた場合、サンマのエサとなる種類の動物プランクトンが減少する。その結果、2050年にはサンマの体長は今よりも1cm、2099年には2.5cmも小さくなるという。

海水温の上昇、世界平均を上回るペース

 日本近海の平均海面水温は、世界平均を超えるスピードで着実に上昇しつつある。そのペースは100年あたり1.14℃だ。日本の海の温度は、昔に比べて全体的に「底上げ」されている。そして、わずか1℃の平均水温の変化が、海に暮らす生き物たちには大きな影響を与える。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山本智之

山本智之(やまもと・ともゆき) 科学ジャーナリスト・朝日学生新聞社編集委員

朝日新聞記者として約20年間、科学報道に従事。ライフワークとして「海洋」をテーマに取材を続けている。潜水経験は500回以上。南極海や南米ガラパゴス諸島など国内外で潜水取材を行う。朝日新聞大阪本社科学医療部次長などを経て2020年から朝日学生新聞社編集委員。海の生物や環境をテーマに講演活動にも取り組む。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

山本智之の記事

もっと見る