メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

科学はアベノカガクのままでよいか

科学はイノベーションのためだけにあるのではない

尾関章 科学ジャーナリスト

看板に「・イノベ…」を追加

 安倍晋三政権は、総理大臣の一念がありながらできなかったことが多い。憲法改定も、拉致問題解決も、北方領土返還も……。だが、その思いを曲がりなりにも形に残せたものがある。安倍流の科学技術政策だ。「アベノカガク」と呼んでもよい。

拡大総合科学技術・イノベーション会議で、遠隔操作ロボットと名刺交換する安倍首相(左)=2020年1月23日、岩下毅撮影
 その「形」とは、内閣府に置かれた「総合科学技術会議」の名を「総合科学技術・イノベーション会議」(CSTI)に改めたことだ。それは、2014年5月のことだった。わざわざ、内閣府設置法の一部を改めて看板を塗りかえたのである。ただ当時、この改称が大きく報じられたという記憶が私にはない。今、朝日新聞データベースに会議名を打ち込んで検索をかけてみても、同年5月前後に改称を伝える記事は見当たらない。

 この会議には、科学技術政策を省庁の枠を超えた立場から企画立案し、調整する役割がある。改称は、世間にとって些細なことかもしれない。だが、科学者やその周辺の人たちにとっては無視できないはずだ。報道がもう少しあってもよかったのでは、と私は思う。

強調された産業化の出口 

 ちょっと言葉尻にこだわってみよう。「科学」とは、知的探究の試みを指す。これに「技術」を付け加えて「科学技術」にすると、科学を世の中の役に立てるというニュアンスが出てくる。これだけで十分に「科学」を実社会に生かそうという方向性が感じとれる。そこにさらに「・イノベーション」をくっつけたのだ。「イノベーション」(innovation)は本来、発想や手法を新しくするといった意味の言葉だが、日本では「技術革新」と訳されることが多いので、ダブリ感は否めない。

 改称後、首相官邸で開かれた初の会議で、議長の安倍首相は会議名を長くしてしまった理由を説明している。「・イノベーション」には「単なる研究開発の促進のみならず、この成果を産業化等の出口へつなげていく」との思いを込めたというのである。「単なる研究開発」で終わらせないというのなら従来の「科学技術」でも十分のはずだ。「・イノベーション」の追加は、「産業化等の出口」を強調するメッセージと言えよう。

筋金入りのこだわり

拡大イノベーション25戦略会議にのぞむ(左から)塩崎官房長官、安倍首相、高市イノベーション担当大臣、黒川清座長=2006年10月26日、松本敏之撮影
 安倍首相のイノベーションへのこだわりは筋金入りだ。それは、第1次政権にさかのぼる。2006年、初めて政権に就いたときの所信表明演説で「人口減少の局面でも、経済成長は可能」として「成長に貢献するイノベーションの創造」を謳い、2025年までを見通す長期戦略指針「イノベーション25」の策定を宣言した。そして実際、日本学術会議の見解(報告書「科学者コミュニティが描く未来の社会」)なども聞いて、翌年にこの指針を閣議決定したのである。

 その指針は、少子高齢化からグローバル化、気候変動、そして新型感染症までも視野に入れており、問題意識は的外れでない。ただ、それらの解決に向けた道筋を明示したとは言い難い。むしろ、イノベーションの代表例として「一家に1台家庭ロボット」「世界中どこでも財布を持たずに生活OK」など、いかにもありそうな未来図を示したことで、かえって世間をシラケさせてしまったように思う。そしてまもなく、第1次政権は退陣した。

iPS細胞も「成長戦略」に

 第2次安倍政権が発足したのは、2012年12月。ちょうど山中伸弥・京都大学教授のノーベル医学生理学賞受賞で日本社会が沸いていたころだ。安倍首相は翌年1月の所信表明演説と2月の施政方針演説で、山中グループが開発したiPS細胞(人工多能性幹細胞)の話をもちだしている。どちらとも、iPS細胞をアベノミクス3本の矢の一つ、「成長戦略」の目玉商品に位置づけた。前者では、それが創薬研究にも使えることに触れて「実用化されれば…(中略)…新たな富と雇用も生み出します」と期待感を示している。

拡大衆院本会議で所信表明演説をする安倍晋三首相。iPS細胞への期待にもふれた=2013年1月28日、樫⼭晃⽣撮影

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

尾関章

尾関章(おぜき・あきら) 科学ジャーナリスト

1977年、朝日新聞社に入り、ヨーロッパ総局員、科学医療部長、論説副主幹などを務めた。2013年に退職、16年3月まで2年間、北海道大学客員教授。関心領域は基礎科学とその周辺。著書に『科学をいまどう語るか――啓蒙から批評へ』(岩波現代全書)、『量子論の宿題は解けるか』(講談社ブルーバックス)、共著に『量子の新時代』(朝日新書)。週1回の読書ブログ「めぐりあう書物たち」を開設中。

尾関章の記事

もっと見る