メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ノーベル化学賞 日本の研究が受賞する可能性は

国内最有力の業績から推測するストックホルムまでの「近さと遠さ」

伊藤隆太郎 朝日新聞記者(科学医療部)

 ノーベル賞の科学分野は毎年10月初旬の月曜〜水曜にかけて、医学生理学・物理学・化学の順に日本時間の午後6時半ごろから発表される。メディア各社の科学記者たちは、この日程から逆算して数週間前から準備に入る。いよいよ発表が近づけば、受賞予想を記事にするのが恒例だ。

 予想と言っても、べつに「アタり/ハズれ」の賭博に興じているわけではない。日ごろは縁遠くも見られがちな最先端科学の世界を、多くの人が身近に感じられる貴重な機会になればと、受賞者予想というかたちをとって伝えている。少々のお遊びの趣向は凝らしていても、根っこにあるのはそんな使命感めいた思いでもある。

物理賞は当たっても、化学賞は…

 そんなわけで今年は自分が論座の予想を担当する。とはいえ化学賞を分担すること自体は「ハズれくじ」だ。医学生理学賞や物理学賞ならいざしらず、化学の受賞者を的中させるなんて無理っぽい話だから。

拡大ノーベル化学賞は10月7日に発表されるが…
 実際、持ち回りで執筆する朝日新聞の予想記事では、自分は2017年に物理学賞を担当したが、はっきり言って簡単だった。この年、科学記者ならだれだって同じ予想をしたに決まっている。「重力波の観測」だ。もちろん自分もそう書いて、そして当たった。な〜んの自慢にもならない。

 医学生理学賞については昨年、先輩記者の浅井文和さんがこの論座で予想を的中させた。浅井さんは後日談も公表し、謙虚な筆致で裏話をつづっている。だが化学賞はなかなかそうはいかない。ならば今回は、日本の最有力候補の紹介を通じて、ノーベル化学賞への私たちなりのアプローチ方法や見方について触れてみたい。

可能性を見分けるポイントは

 各社の化学賞担当記者たちがもっとも注目しているのは、東京大の藤田誠教授だろう。同大の1200人を超す教授陣のなかで、わずか3人目となる「卓越教授」の称号を昨年、授与された。いま63歳だから間もなく定年だが、特例的に75歳まで雇用が認められる。さらに東京大は「藤田ナノサイエンス基金」を設立して、研究を支える姿勢を打ち出した。

 大学をあげて後押しされる藤田教授。その主な業績は、分子が自発的に内部空間をもった立体構造つくりだす現象を見つけたこと、そしてこれを応用して試料を結晶化させずに構造解析できる「結晶スポンジ法」を開発したことである。たんぱく質などの複雑な分子がどういう構造をしているかを解明するのは極めて難しい作業だが、結晶スポンジ法はこの構造決定の手順を大幅に短縮できる画期的な新手法とされている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

伊藤隆太郎

伊藤隆太郎(いとう・りゅうたろう) 朝日新聞記者(科学医療部)

1964年、北九州市生まれ。1989年、朝日新聞社に入社。筑豊支局、西部社会部、AERA編集部などを経て、2016年から科学医療部。

伊藤隆太郎の記事

もっと見る