メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

米大統領選 ——「ドラマ」の虚実

実体のない筋書きへの熱狂は、「トランプ後」の時代に何を残すのか

下條信輔 認知神経科学者、カリフォルニア工科大学生物・生物工学部教授

 大統領選の「空騒ぎ(Much Ado About Nothing)」。毎度感じることだが、今回はとりわけ異常だった。前代未聞の対立があり、接戦があり、熱狂があった。今それがゆっくりと冷めつつある。投票日から1週間を経た現在、当確を受けてバイデンは勝利を宣言、国民の融和・民主主義の再生を訴え、矢継ぎ早にシグナルを発している。

拡大バイデン氏勝利を祝う集会に対抗して声を上げるトランプ支持者たち=2020年11月7日、ペンシルベニア州ハリスバーグ、大島隆撮影
 他方、トランプ側は、慣習となっている「敗北受諾」を拒否。接戦となった各州で「不正があった」などと訴訟を起こしたが相次ぎ却下され、不利な状況にある(ワシントンポスト、11月8日)。この一連の訴訟で奇妙なのは、伝聞や出所不明の走り書きのメモ以外に、証拠がほとんど提出されていないことだ。

 共和党内部からも「民主主義の制度を破壊するよりは、敗北の受諾を」という動きが出ている。今後よほど大きな「新事実」の開示がない限り、この流れは変わらないだろう。

 当初、トランプ支持者は4年前の再現に望みを託した。つまり世論の劣勢を覆す逆転勝利だ。他方、バイデン支持者は地滑り的な大勝、できれば上下院を含めた完全勝利を期待してドラマは始まった。開票の経過を見ると、開始早々に民主党の大勝シナリオは消え、想定外の接戦に。フロリダなど接戦する州をトランプが連取したときには「トランプ有利」の報道さえ出た。だが結局、開票結果が確定すればバイデンが手堅い判定勝ち、という結末となった。

筋書きは「たまたま」でしかない

 ただ水を差すようだが、この筋書きには実は実体がない。なぜなら投票結果なんて、投票終了の時点で、客観的にはすでに確定していたはずだから。(誰も言わないが)開票はいわば、伏せたカードを時間をかけて順繰りにめくっているだけだ。その順番は各州の開票作業や郵便投票などの諸事情で「たまたま」決まっている。

 仮に順番を変えれば、途中の筋書きなどはどうにでも変えられる(そして最終結果だけが、あらゆる意味でリアルであり変えられない)。そういうほぼ架空のドラマを何十時間もぶっ通しで中継し、時々刻々と分析して一喜一憂するなんて、愚の骨頂ではないのか。だが熱狂する米国市民には、そういう疑念のかけらもないらしい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

下條信輔

下條信輔(しもじょう・しんすけ) 認知神経科学者、カリフォルニア工科大学生物・生物工学部教授

カリフォルニア工科大学生物・生物工学部教授。認知神経科学者として日米をまたにかけて活躍する。1978年東大文学部心理学科卒、マサチューセッツ工科大学でPh.D.取得。東大教養学部助教授などを経て98年から現職。著書に『サブリミナル・インパクト』(ちくま新書)『〈意識〉とは何だろうか』(講談社現代新書)など。

下條信輔の記事

もっと見る