メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

地球科学者から見たファクターXとウイルス変異

新型コロナ感染率の大きな差は何に起因するのか

山内正敏 地球太陽系科学者、スウェーデン国立スペース物理研究所研究員

拡大ロックダウンで通りの両側に並ぶ店がほぼすべて閉店したため、閑散としたローマの中心街=2021年1月5日、河原田慎一撮影
 欧州を襲っている新型コロナ第2波は、「クリスマスまでの我慢」という短期決戦型の対策で11月末に一旦収まりかけたものの、12月に入って南欧を除いて再拡大し、第2波Bとも第3波ともいうべき流行となっている。その結果、英国などでは2度目より厳しい都市封鎖となり、北欧ですら第1波、第2波の時の対策よりはるかに厳しい対策を強いられている。

 この再流行は、英国の場合は変異ウイルスによるものである可能性が高いが、欧州の他の国々では英国ウイルスの比率は低いから、季節(室内の乾燥や日照不足)など他の要素が効いている可能性のほうが高い。そもそもインフルエンザや風邪は冬に流行するもので、だからこそ第1波の時点から今冬が正念場といわれていたし、それが100年前のスペイン風邪から得られる教訓でもあった。

 日本も感染が急拡大して大問題になっているが、それでも今のところ、第1波と同様に欧米の10分の1程度の犠牲者で済んでいる。もっとも、その理由は不明で、「ファクターX」と呼ばれてきた。

 私は地球科学と太陽系科学が専門で医学的・生物学的なミクロなメカニズムは何も知らない。しかし、感染症の流行は気候が重要で、季節要因や地理的要因など地球的視点も無視できない。しかも、コロナの場合は全世界レベルで「感染者数」「死亡者数」「検査数」のデータがある(詳細データはOur World dataに、日本語データは札幌医大フロンティア研ゲノム医科学のサイトにある)。春先こそ精度が悪かったが、夏以降は各国とも精度が向上し、地球科学的なマクロ視点の考察も可能となっている。ウイルス変異の情報すらNextstrain公開されていて、誰もが自由にマクロな変化を追うことができる。そこで、ファクターXに関する各仮説を地球科学的なマクロ視点で検証し、ウイルス変異との関連の可能性も含めて、ミクロ視点の専門家の皆様へ問題提起を行いたい。

欧州の啓蒙が進んだ今も続く10倍の差

 第1波の結果、欧州では啓蒙が進んで秋以降はほとんどの人がマスクをつけ、検査もクラスター追跡も充実した。それでも第2波で日本と10倍以上の差が続いている。しかも第1波の被害を最小限で食い止めた東欧ですら大流行となった。いまや、日本並みに感染が少ないのはノルウェーとフィンランドだけだ(下のグラフ参照)。

拡大アジアと欧州の国々の死亡率の推移。死因の1割に相当する値を点線で示した。
Our World data (CC BY 4.0)

 ファクターXは日本だけでなく、広く東アジア・オセアニアに及ぶ。東南アジアすら他地域より死亡率が少なめだ。同様の傾向は南北アメリカの中ではカリブ海諸国にのみ見られる(下の世界地図参照)。差が第2波まで続いていることまで考えると、これらの地域だけの共通点があるということになる。

拡大コロナ世界地図:世界地図を見ると太平洋・大西洋の西部の島国が死亡率が低い。
Our World data (CC BY 4.0)

 これらの事実だけで、ファクターXに関して当初挙げられた候補のほとんどが「可能性が低い」となってしまう。例えば、

・・・ログインして読む
(残り:約2951文字/本文:約4120文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山内正敏

山内正敏(やまうち・まさとし) 地球太陽系科学者、スウェーデン国立スペース物理研究所研究員

スウェーデン国立スペース物理研究所研究員。1983年京都大学理学部卒、アラスカ大学地球物理研究所に留学、博士号取得。地球や惑星のプラズマ・電磁気現象(測定と解析)が専門。2001年にギランバレー症候群を発病し1年間入院。03年から仕事に復帰、現在もリハビリを続けながら9割程度の勤務をこなしている。キルナ市在住。

山内正敏の記事

もっと見る