メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナワクチンの接種開始で知っておいて頂きたいこと

コロナ感染後遺症の深刻さと、体質や病気で打ちたくても打てない人のこと

細田満和子 星槎大学大学院教授

拡大新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける看護師ら=2021年2月18日午後、広島県大竹市の国立病院機構広島西医療センター、上田潤撮影

新型コロナのワクチン接種が始まる

 2021年2月18日、新型コロナのワクチンが日本各地に到着し、医療従事者を対象に接種が始まった。これである程度の感染防止が期待されるようになった。先行接種は医療従事者の感染リスクが高いからであるが、まずは医療従事者から接種を始めてワクチンの安全性を確かめる調査のためでもある。

 厚生労働省のホームページによると、先行的に接種を受ける医療従事者1~2万人程度を対象に、接種後一定期間(約1か月)に起こった症状・疾病に関する調査を行い、接種部位の腫れ・痛み、発熱、頭痛など、様々な副反応の頻度など調べて、安全性の評価をする段取りになっている。

 英米では2020年12月からワクチン接種が始まったので、日本は遅いと思われるかもしれない。これは、新しく開発されたワクチンを日本国内で使うには法律に基づいた手続きとして小規模ながら臨床試験が必要だったためで、海外で使われているといっても日本人でも安全性と有効性が確保できるか、慎重に確認が行われたからである。たとえ緊急時とはいえ、こうした確認をおろそかにすべきではなく、必要な時間だったといえる。

 予防接種は、ワクチンのリスク(危険性)とベネフィット(利益)を勘案して、接種するかしないかを判断することが基本である。新型コロナワクチン接種のリスクとしては、長期的な効能や副作用について十分に知られていないことなどが挙げられる。ベネフィットとしては、新型コロナにかかりづらくなることや、後遺症に苦しまなくても済むことなどが挙げられる。後遺症については、時間の経過とともにさまざまなことがわかってきた。本稿では、後遺症について現在明らかになっていることをできる限り紹介し、ワクチン接種を判断する情報の一つになればと思う。

明らかになってきた深刻な後遺症

 新型コロナは軽症から重症まで多様な症状を示すが、深刻な後遺症も問題になっている。代表的なのは、強い倦怠感が続いたり、ちょっとした労作で極度の疲労を感じるようになったり、頭の中に霧がかかった状態(ブレイン・フォグ)になったりするような症状である。これは、一般に筋痛性脳脊髄炎(Myalgic Encephalomyelitis=ME。かつては慢性疲労症候群Chronic Fatigue Syndrome=CFSと言われていた)と診断される病気の症状に近い。

 米国立保健研究所(NIH)の国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長で、ホワイトハウス・コロナウイルス・タスクフォースの主要メンバーであるアンソニー・ファウチ氏は、いち早く2020年7月9日に「新型コロナ後に長引く症状は、筋痛性脳脊髄炎の症状に似ている」と発言した。ファウチ氏によると、

・・・ログインして読む
(残り:約2465文字/本文:約3609文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

細田満和子

細田満和子(ほそだ・みわこ) 星槎大学大学院教授

東京大学大学院人文社会系研究科で博士(社会学)を取得し、2004年からコロンビア大学、ハーバード大学で社会学、公衆衛生学、生命倫理学の研究に従事。2012年に帰国し星槎大学に着任。主著書は『パブリックヘルス』、『グローカル共生社会へのヒント』など。世界社会学会医療部会会長。アジア太平洋社会学会会長。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

細田満和子の記事

もっと見る