メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「規則正しいレイプ」に屈してしまう前に

わきまえない・女・子どもに向けられる、まなざし(下)

宮﨑紗矢香 株式会社大川印刷勤務、人間活動家

東京五輪はどうなるのか(shutterstock.com)拡大東京五輪はどうなるのか(shutterstock.com)
 コロナ禍における政府の無策しかり、東京五輪の森、佐々木両氏の騒動までを総じて眺めてみると、全ては地続きであると思えてくる。水面下で威勢よく動き出している、
・・・ログインして読む
(残り:約1979文字/本文:約2920文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

宮﨑紗矢香

宮﨑紗矢香(みやざき・さやか) 株式会社大川印刷勤務、人間活動家

1997年生まれ。立教大学社会学部を2020年3月卒業。大学1年次に「子ども食堂」に出会い、持続可能な開発目標(SDGs)を知り、大学3年の春休みにSDGs国際ランキング1位のスウェーデン視察ツアーに参加。その後、就職活動で日本のSDGsウォッシュにさいなまれていたとき、グレタ・トゥンベリさんを知り、Fridays For Future Tokyoの一員になる。共著書に『グレタさんの訴えと水害列島日本』(学習の友社、2020年)。現在は、株式会社大川印刷に勤務。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです