メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナワクチン 1日100万回が実現しない理由

ノーベル賞受賞者の名にちなむ「フェルミ推定」で考えた

須藤靖 東京大学教授(宇宙物理学)

 新型コロナワクチン接種を巡って日本中が大混乱に陥っている。ここまで欧米に比べて感染者数が圧倒的に少なく抑えてきたにもかかわらず(これは大多数の日本人が感染予防のために懸命に耐え忍んできたおかげだ)、今後は日本だけが世界から取り残されてしまう可能性が現実となりつつある。

拡大和歌山市で新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける男性

 私の知り合いのアメリカ人(72歳)は4月上旬にすでに2回接種を終えた。プリンストン大学では学生がワクチン接種証明書を提出することを求められており、未接種であればキャンパス内で接種できるらしい。別の40代のアメリカ人も1回目のワクチン接種は終え、ご両親はともに2回目の接種を終えている。フランスでも大学研究者は優先的に接種がなされている。

 過去1年間オンラインのみであった国際会議も、今後は接種証明書を前提として対面開催の予定が増えつつある。日本人だけがオンラインで参加せざるを得ず、最前線の研究交流から離脱し、遅れを取ってしまう懸念もある。

 ワクチンの国内開発が出遅れてしまったとはいえ、現在はワクチン量ではなく、その接種体制の混乱がボトルネックとなっているのは周知の事実だ。「1日100万人の接種を行う」と繰り返すだけで、その具体的な道筋を全く説明できない(しようとしない)菅首相には、いつもながら呆れてしまう。何であれ、強引に命令すればその通りになると勘違いしているのだろう。その結果、若い有能な官僚が辞め、現場で対応する人々に膨大な仕事を課していることに気がつかないはずはないのだが。

 とはいえ、少なくとも1日100万人以上の接種体制を実現すべきなのは明らかだ。それはどこまで現実的なのか、あるいは、そのために一体何を改善すべきなのか、フェルミ推定をもとに考えてみたい。

拡大「自衛隊大規模接種センター」の視察を終え、記者の質問に答える菅義偉首相

ピアノ調律師の数を推定してみた

 ノーベル物理学賞受賞者でもある物理学者エンリコ・フェルミは、シカゴ大学の学生に対して「シカゴにはピアノの調律師は何人いるか」と問うたとされている。実はこのような推定は、物理学研究の現場では頻繁に行われている。決して正確な答えが得られるわけではない。しかし、それに至る論理と仮定の積み重ねから、物事の本質を浮き彫りにできるからだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

須藤靖

須藤靖(すとう・やすし) 東京大学教授(宇宙物理学)

東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授。1958年高知県安芸市生まれ。主な研究分野は観測的宇宙論と太陽系外惑星。著書に、『人生一般二相対論』(東京大学出版会)、『一般相対論入門』(日本評論社)、『この空のかなた』(亜紀書房)、『情けは宇宙のためならず』(毎日新聞社)、『不自然な宇宙』(講談社ブルーバックス)などがある。

須藤靖の記事

もっと見る