メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

物理学賞は量子コンピューター・量子暗号の背後にある「基礎論」がいよいよか!?

高エネルギー加速器研究機構・筒井泉特別准教授に今年の予想を聴く

勝田敏彦 元朝日新聞記者、高エネルギー加速器研究機構広報室長

「ベルの不等式」の〝破れ〟を実験で検証したアスペ氏

 筒井さんが次に挙げるのは

・・・ログインして読む
(残り:約2572文字/本文:約4192文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

勝田敏彦

勝田敏彦(かつだ・としひこ) 元朝日新聞記者、高エネルギー加速器研究機構広報室長

1962年兵庫県生まれ。京都大学大学院工学研究科数理工学専攻修了。1989年朝日新聞社入社、科学部員、アメリカ総局員、科学医療部次長、メディアラボ室長補佐などを経て2021年6月に退社。現在は高エネルギー加速器研究機構に所属。著書に『でたらめの科学 サイコロから量子コンピューターまで』。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

勝田敏彦の記事

もっと見る