メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「インターネットは絶対大丈夫」は“絶対”か?

フェイスブックのシステム障害から考える 思い込みのワナ

三田地真実 行動評論家/言語聴覚士

インターネット、米で開発。軍事目的説も

拡大世界中の情報とインターネットでつながっている=shutterstock.com
 そもそもインターネットとはどういう経緯でこの世に登場したのか
・・・ログインして読む
(残り:約1589文字/本文:約3680文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

三田地真実

三田地真実(みたち・まみ) 行動評論家/言語聴覚士

教員、言語聴覚士として勤務後、渡米。米国オレゴン大学教育学部博士課程修了(Ph.D.)。専門は応用行動分析学・ファシリテーション論。2016年からオンライン会議システムを使ったワークショップや授業を精力的に行っている。2011年星槎大学共生科学部教授、2013年より同大学大学院教授。著書に「保護者と先生のための応用行動分析入門ハンドブック」など。教育雑誌連載と連動した「教職いろはがるた」(https://youtu.be/_txncbvL8XE)の動画配信中!

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

三田地真実の記事

もっと見る